オーベル(Ober)/大成有楽不動産

 大手建設会社の大成建設グループの不動産部門、大成有楽不動産の分譲マンションブランドが「オーベル(Ober)」シリーズだ。Oberとは、ドイツ語で「上位の・上級の」意を示す。ワンランク上の上質な生活を追求した住まいづくりを指し示すブランドネームといえる。

 コンセプトとして同社が掲げている
のが、「マンション・マネージメント」という施策方針だ。「売主・管理一体」体制の管理システム「シームレスサポート」だから実現できる居住者に優しいマンションの維持管理法が自慢だ。

 そこには、まず住まう人々の立場にたった品質を確保するため、大成建設グループの技術力とノウハウを積み重ねた独自の品質管理体制「オーベルクオリティコード(OQC)」設定する。このOQCによって、常に変わらない品質を確保している。
 次いで、「つくった会社が守る」をコンセプトに「アフターサービス規約」に基づき、約3カ月、約1年、約2年に専有部分と共用部分の定期補修を実施。また、マンションの引き渡し後の補修対応を行なう。構造耐力上主要な部分と屋内への雨水の侵入を防止する部分に対しては、10年間のアフターサービスを行なっている。

 同社では、「オーベル(Ober)」シリーズの上位グレードとして、一般的にブランド力があり、利便性が高く、優れた住環境とされる土地で開発・建設する「グランツオーベル(Glanz Ober)」も展開している。
… このブランドの説明をもっと読む

連載コラム

特集

もっと見る