イニシア(Initia)/コスモスイニシア

 「コスモスイニシア」社が首都圏/近畿圏を中心に企画開発する分譲マンションブランドが「イニシア(Initia)」である。2008年に現社名に変更した。前身は、1974年にマンションを企画販売するディベロッパーとしてスタートしたリクルートの不動産部門、リクルートコスモス社だ。2005年6月にユニゾンキ ャピタル系のプライベート・エクイティ・ファンドなどの出資を受けMBOを実施し、リクルートから独立した。2013年に大和ハウス工業が株式の64.17%を保有したことで、大和ハウスグループの一員となった。
 2011年に累計10万戸のマンション供給を達成した実績をもつ。

 「イニシア(Initia)」は、同社新築分譲マンションの現在のメインブランドで、コンセプトに“Next Standard/永住品質の新基準”を掲げる。このイニシアの上級ブランドとして“Lifetime Designing/人生を作品にする住まい”をテーマに時代(とき)を超え、土地と空間の資産価値を追求する風格と意匠が織りなす邸宅「フォルム(Forme)」シリーズを展開。また、都心型単身者向けのコンパクトでスタイリッシュなマンション「イニシアイオ(Initia io)」もラインアップする。

 同社の分譲マンションは、「すごしかたファースト」をテーマに新発想空間設計を貫いて、住宅購入を検討する顧客が求める価値にフォーカスした空間づくりを進めるという。住まいの中で、間取りの効率性の追求だけでは解決し得ない感性的・情緒的価値観を大切にしたプランニングを追求。“オープン/メリハリ/フィーリング”の3つをキーコンセプトに、新発想の空間設計で新しい住まいづくりを展開している。
… このブランドの説明をもっと読む

イニシア(Initia)/コスモスイニシアに住んでいる人の声

連載コラム

特集

もっと見る