Dresser(ドレッセ)/東急電鉄

いわゆる“電鉄系マンションブランド”で、東急電鉄が、その沿線を中心に企画開発し分譲しているマンションシリーズのブランド名が「Dresser(ドレッセ)」だ。「Dresser」という名詞は、フランス語の「DRESSER(建てる)」と英語の「DRESS(美しく装う)」を融合させた造語だ。同社は、2002 年4月からこのブランド名に統一した。

 首都圏の電鉄のなかでもっとも人気の高い路線「東急電車」の沿線という“オシャレ感”を利して、マンションとしての生活環境にふさわしい立地を選び、暮らしやすさに視点を置いた空間設計やプラニングなどで快適な住空間を提案している。

 最大の特徴は、入居後の生活支援にありそうだ。東急グループのネットワークを活かし、すべての機能、百貨店やスーパーストア、109、フィットネスクラブなどのスポーツ施設、カルチャースクール、シニアに向けた見守りサービス、学童保育などの育児支援などを支援する東急「Premium Days」に入会できる。東急電鉄の戸建ておよび分譲マンション入居者だけが受けられる生活支援サービスだ。

 また、同じ東急グループの東急不動産が扱う分譲マンションに「BRANZ(ブランズ)」がある。こちらは都心立地型高級マンションである。
… このブランドの説明をもっと読む

連載コラム

特集

もっと見る