ブリリア(Brillia)/東京建物

 東京建物は、不動産ファンド事業や都市開発、ビル・商業施設開発、CRE戦略サポート・仲介事業、賃貸管理事業、駐車場運営事業など様々な不動産有効活用メニューの立案およびマネジメントなどを行なうアセット事業など、クオリティの高い事業特性をもった企業だ。
 その東京建物が展開する住宅開発事業におけ
る分譲マンションブランドが、「ブリリア(Brillia)シリーズ」だ。ブランドの語源は「光り輝く/卓越した」という意味を持つ“Brilliant”である。同社では、平成15年に分譲住宅のブランドを「ブリリア」に統一した。

 「ブリリア」マンションは、「洗練」と「安心」をブランドアイデンティティとし、末永く安心できる住まい方をサポートする。ブリリア分譲後のマンション管理受託業務は、関連会社の東京建物アメニティサポートが行なう。専門性や継続性、さらに確実性が求められる住宅管理業務で、有資格者を多数配置する。また、管理組合とのコミュニケーションを重視した管理体制で、専門スタッフによる迅速かつ正確な24時間緊急受付対応システムなどを提供する。

 「ブリリア」の大きな特徴は、働く女性のための対話型商品企画プロジェクト「Bloomoi(ブルーモワ)」を展開していることだ。これは、女性の就業率が高まり、その生き方や幸せのあり方が多様化するなか、これまでの住まいづくりの「当たり前」を取り払って、働く女性にとって最適な「これまで無かった」マンション機能を整えるべく始動した対話型商品企画プロジェクトだ。
 基本的な考え方は、「働く女性がもっと幸せになる住まい」を考えるプロジェクト。ビジネスにプライベートに華々しく活躍する女性たちの気持ちに寄り添い、対話を積み重ねながら、これからの働く女性の幸せな生き方を共に考え、創り出すことを目指す。

ブリリア(Brillia)の中古取引を支援する『Brillia認定中古マンション』や、購入後の問い合わせ窓口が一本化された『Brilliaオーナーズライン』などの、住んでからの暮らしをサポートする姿勢がうかがえる。
… このブランドの説明をもっと読む

連載コラム

特集

もっと見る