書籍詳細

  • 一流マンションはここがスゴい 2016
  • 碓井 民朗(うすい たみお) 著
  • ムック:254ページ
  • 出版社:エクスナレッジ
  • 言語:日本語
  • ISBN-10:4767820952
  • ISBN-13:978-4767820958
  • 発売日:2016/1/26
  • 梱包サイズ:20.8 x 15 x 2.2 cm
アマゾンからの購入はコチラから

「杭問題で揺れる欠陥マンション」の原因と背景を徹底検証

建築家 碓井民朗の良識あるマンション指南 でおなじみの 碓井民朗氏の新書 一流マンションはここがスゴい!2016。 本書では、欠陥マンションに引っかからないための購入前に調べておきたいチェックポイントを指南。

住まいサーフィンマスター 沖 有人による書評 2014年版

マンション購入は人生最大の買い物。住み心地が良く、将来にわたって資産価値も維持されるマンションを選べば、大きなメリットになるが、逆に住み心地がいまいちで資産価値もどんどん下がるマンションを買ってしまったら、大きな負債を抱えることになる。

「一流マンション」とは、億ションのことでもなければ、有名不動産会社が売主だとか大手ゼネコンが工事を行ったマンションのことでもない。ひと言でいえば、「住まい」としての基本を大切に、住む人へきちんと配慮したマンションのこと。

この考え方のもと、また詳細な部分まで1級建築士の目線から、マンションを買う時には、どこをチェックするのか? 何を基準に判断するのか? などなどの疑問に対して、「 建築は素人」の方でもスラスラわかるように、読みやすい文章とパッと見てわかりやすいしっかりとしたイラストで構成されています。(本書より一部抜粋)

碓井氏の「より多くの人に納得のいくマンション選びを実現してほしい」という思いの詰まった最新作です。

アマゾンからの購入はコチラから

目次

巻頭スペシャル「欠陥マンション問題」の原因と背景
第1章マンション選びでまず知っておきたい「基本」はこれだ
第2章マンションができるまでの「プロセス」はこうなっている
第3章マンションの質は「構造」に左右される
第4章マンションの「外回り」は耐久性に影響する
第5章マンションの「間取り」はもっと工夫できる
第6章マンションの「内装・設備」が住み心地を決める
第7章マンションの「共用施設」には仕分けが必要だ

はじめに

マンションはどれも同じように見えるかもしれませんが、建物の構造や設備、間取りなどに大きな違いがあります。それは販売価格に比例するわけではなく、売り主や施工が有名な大企業かどうかとも関係ありません。
近年は、地価や建築費、人件費が上昇し、売り主の不動産会社も工事を行う建設会社もコストの圧縮に血眼で、商品規格や設計、工事品質などのレベルダウンに繋がっています。
実際、2015年には業界最大手が横浜市で分譲したマンションで、建物の傾きや杭工事の不具合が発覚し、大問題になっています。
今回はこの問題について「巻頭スペシャル」で詳しく解説しました。

続きは本書にて…

アマゾンからの購入はコチラから

著者紹介

碓井 民朗 (うすい たみお)

碓井建築オフィス代表。常に「顧客視点」に立った商品づくりが必須条件と主唱するマンション設計30年のプロ。 マンションの設計監修を行う傍ら、近年はマンション購入者の相談を受けたり、現地モデルルーム同行チェックや、マンション入居者の内覧会の立会いを行っている。

書籍一覧に戻る

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る