2017年7月人気マンションランキングTOP10

2017年7月に住まいサーフィンでアクセス数の多かった分譲マンションを公表する。

順位
マンション名
所在行政区
総戸数
分譲開始年月
周辺相場(70m2換算)
1位
2位
東京都渋谷区
310
2017年6月
3位
5位
東京都中央区
1084
2017年6月
6位
7位
東京都足立区
48
2016年5月
8位
東京都港区
163
2016年10月
9位
東京都品川区
628
2017年10月
10位
東京都港区
43
2016年6月

「グランドメゾン品川シーサイドの杜」強し!

前月に引き続き、7月のアクセスランキングトップは「グランドメゾン品川シーサイドの杜」となった。順位は4月から、1位→2位→1位→1位となっている。小鳥たちがさえずる植物園のような美しい庭園をつくるというコンセプトが特徴。マンションモデルルールでは、「ネイルサロン」や「占いコーナー」(期間限定・先着15名)などユニークなイベントを企画している。
一方、「ペデストリアンデッキ」で品川シーサイド駅に直結する「プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー」のトップ10入りも続いており、再開発品川のおひざ元、品川シーサイド人気は依然として高いままだ。

特色ある小規模駅近マンションも人気

大規模タワーマンション人気は根強い。しかしそんな中、割って入ってきた小規模な駅近マンションが2つある。ひとつは3位の「プラウド日本橋人形町パサージュ」だ。
「住むための都心」と銘打って売り出された39戸は、全て60m2台の2LDK。都心暮らしを求めるDINKSや小家族がターゲットだ。日比谷線「人形町」駅徒歩2分という抜群の立地が魅力。日本橋エリアのほぼ中央に位置し、ビジネス・商業エリアを生活圏としながらも、昔ながらの商店街や飲食店の残る、生活しやすいエリアというのが人気の理由のようだ。

もう一つ、ランク外から7位にランクインした「オープンレジデンシア綾瀬」も駅近の小規模物件だ。昨年の5月に売り出された地上13階建て全48戸のマンションで、千代田線「綾瀬」駅まで徒歩3分。徒歩5分以内に「イトーヨーカドー」があるなど、生活利便性の高さが支持されている。売主は「オープンハウス・ディベロップメント」。平均価格が4000万円前後と比較的購入しやすい価格帯となっている。

2017年7月のまとめ

今月のランキングにそれほど大きな変化はなかった。依然としてタワー人気は高く、トップ10中6つはタワーマンションという結果となった。
目立ったのは、先月ランク外から8位に入った「パークタワー晴海」が、今月5位と順位を上げたこと。来月以降上位にくいこんできそうな勢いがあり、注目である。そして派手さはないものの、生活利便性の高い駅近小規模マンションの健闘が光った7月だった。

これまでのアクセス上位はこれ!

ページ一覧はこちら

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る