2017年2月人気マンションランキングTOP10

2017年2月に住まいサーフィンでアクセス数の多かった分譲マンションを公表する。

順位
マンション名
所在行政区
総戸数
分譲開始年月
周辺相場(70m2換算)
1位
2位
東京都港区
163
2016年10月
4位
東京都港区
43
2016年6月
5位
東京都江東区
105
2016年8月
6位
7位
神奈川県横浜市神奈川区
110
2017年6月
8位
9位
東京都品川区
108
2016年10月
10位
東京都港区
563
2016年11月

「グランドメゾン品川シーサイドの杜」が1位に!

2017年に入り2ヵ月が経過したが、上位3位までのマンションに変化はない。相変わらず根強い人気は、品川の大規模開発に期待が集まる品川シーサイドエリアの2つだ。

りんかい線「品川シーサイド」は、工場や倉庫の残る産業エリアで、生活圏としては疑問符が付く街だったが、駅前に「イオン」が出来たことで生活利便性がアップ。交通面でも、京浜急行の「青物横丁」が徒歩圏内という利点があり、依然として高い人気を誇っている。

1位に輝いた「グランドメゾン品川シーサイドの杜」は、その豪華な共有施設に注目が集まる。ライブラリーラウンジやカフェ、パーティルームなどがあり、コンシェルジュも常駐。縮小傾向にあった昨今の共有施設だが、時節に逆行する充実ぶりだ。住戸設備もハイスペックで、グレードの高いマンションという評価も。正式な価格は未発表ながら、中心となる住戸が坪単価300万を切ることが期待されている。

横浜からランドマークタワーが2つ、華々しく登場!

ランキング圏外から急浮上したのが、横浜の2つの大型マンションだ。

まず、1月のHP開設から順調にアクセスをのばしているのが、7位の「ブリリアタワー横浜東神奈川」である。駅前再開発エリアに建つ、20階建て、全110戸の制震タワーだ。注目は、JR「東神奈川」駅と京浜急行「仲木戸」駅に直結する「ペデストリアンデッキ」。このデッキを使えば、両駅だけでなく、イオンやマルエツなどの商業施設へも信号待ちのストレスなく、快適にアクセス可能だ。
また、通勤利便性の高さも魅力で、「横浜」へ2分、「品川」へは17分。新幹線の利用駅である「新横浜」7分、「羽田空港」へも直通で約20分と、出張族にはこの上ない立地と言えよう。

そして、もう一つのマンション、三井不動産の手掛ける大規模開発「(仮称)馬車道駅直結横浜北仲タワープロジェクト」は、今年の目玉物件である。
みなとみらい線「馬車道」から徒歩1分。みなとみらい、山下公園が見渡せる圧倒的な眺望を誇る、全1179戸、58階建ての超高層タワーだ。竣工は、2020年の予定で、47~51階にはホテル「オークウッド」が入居予定となっている。馬車道駅周辺は再開発がすすみ、横浜市の新市庁舎も移転することが決まっており、今後は新しい横浜の顔となる街。「(仮称)馬車道駅直結横浜北仲タワープロジェクト」がこのエリアのランドマーク的な存在となるのは間違いないだろう。

2017年2月のまとめ

大規模再開発が弾みとなり、人気のエリアが絞られてきた。都心湾岸VS横浜ベイエリア―どちらの勢いも止まりそうもない。特に横浜の注目マンション、「(仮称)馬車道駅直結横浜北仲タワープロジェクト」と「ブリリアタワー横浜東神奈川」はどこまでアクセスをのばすのか。今後の動向から目が離せない。

これまでのアクセス上位はこれ!

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る