2016年11月10日 第33回ダイヤモンドオンライン寄稿連動企画

マンション相場、市況について
「マンション暴落論者」がオオカミ少年である決定的な理由

1.WebMaster沖有人の最新見解を知りたい方へ

「2020年の東京オリンピック後にマンション価格が暴落する」など、世間にマンション価格を巡る下落の希望的観測は少なくない。そう言いふらす人たちには、どんな根拠があるのだろうか。彼らが「オオカミ少年」である理由を、データを基に検証しよう。

ダイヤモンドオンラインで続きを読む

2.ちょっと残酷なマンションおみくじ 行政区別マンション騰落率【2016年版】

行政区別マンション騰落率2016年版です。
異次元緩和後のデータとなります。

3.ちょっと残酷な行政区別マンション騰落率【2009年版】

2010年に作成した行政区別マンション騰落率データです。
リーマンショックは2008年9月ですので、リーマンショック後のデータとなります。

4.ちょっと残酷な行政区別マンション騰落率【2007年版】

2008年に作成した行政区別マンション騰落率データです。
リーマンショック前のデータとなります。

5.売主別中古騰落率(関東、関西)2016年公表版 】

売主別にマンション騰落率を比較したデータの最新版はこちらです。
2016年版は関西についても調査しました。

6.マンション査定で含み益が出たエリア一覧

もう少し細かいマンションレベルで確認したい場合はこちらです。(まりりび)

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る