第18回 麻衣

2017年03月27日

プレシス東麻布

プレシス東麻布

※写真はイメージであり、実際のものとは異なります

エリア ★ ★ ★ ☆ ☆

麻布というスペシャルすぎる土地

麻布というスペシャルすぎる土地

※写真はイメージであり、実際のものとは異なります

ここ数ヵ月、住まいサーフィンの人気アクセスランキングで常に上位にランクインしていた「プレシス東麻布」。いつもならば、東麻布=億ションと思って気にも留めていませんでしたが、この注目度の高さは何なのか、とても気になっていました。

3Aアドレスと呼ばれる赤坂、青山、麻布の中でも麻布のスター性は別格。そもそも麻布を購入しようと思っているのはどんな人たちなのでしょうか。

セレブ度 ★ ★ ★ ★ ★

「赤羽橋」周辺ならなんとかなるかも?!

比較的転入しやすいエリア

※写真はイメージであり、実際のものとは異なります

麻布といってまず思い浮かぶのは、地下鉄半蔵門線「麻布十番」駅の西側、広尾に近いエリア。敷居の高さは天下一品です。実際にこの地区から買い替えを考えて、モデルルームを見学に来るケースもあるらしいのですが、「有栖川公園で犬の散歩ができなくなるのは嫌!」と言って断ってきた人もいたと聞きました。
やはり、相当なエリア意識とプライドがあるようです。この歴史あるセレブ地区に外部から入っていくのは、至難の業です。

一方、「プレシス東麻布」があるのは、大江戸線の赤羽橋から徒歩2分の場所。赤羽橋の周辺は、店舗や小・中規模マンションが中心なので、様々な人の出入りがあり、比較的転入しやすいエリアだそうです。
そうしたこともあり、モデルルームには、地方を含め相当広い範囲から麻布アドレスを求めて集まっているようです。

駅近の中でも徒歩2分というのは極めて稀。それも都心3区の港区ですから、これだけでも相当な希少価値がありますね。

物件の個性 ★ ★ ★ ★ ★

本気のコストカット

本気のコストカット

※写真はイメージであり、実際のものとは異なります

さて、このマンションの売主は、「一建設(はじめけんせつ)」です。業界では中堅のディベロッパーですが、営業さんは謙虚に、そしてズバリと言い切りました。

「大手ディベロッパーと同じことをしても、ウチはとても勝てません。とにかく違うことをしていかないと」

そのひとつは、徹底したコストカット。まず、このマンションの敷地は入札をしていないので、格安で購入できたとのこと。地場の不動産業者からダイレクトに仕入れるルートがあるそうです。

「このモデルルームもビルの中につくることで、プレハブを建てるより3割も安くつくることができるんですよ。そして、私たち営業もアウトソーシングされています。売主はプロの不動産営業を雇っているんです」

この思い切ったコストカットにより、一建設は中規模マンションを中心に、周辺相場より割安で提供しているとのこと。ステキですね。そしてもうひとつ、間取りという点でも他のブランドマンションとは一線を画した大胆さをみせています。

間取り ★ ★ ★ ★ ★

ありそうでなかったロフト付き!

ロフト付き

※写真はイメージであり、実際のものとは異なります

「プレシス東麻布」は、地下1階、地上13階建て、コンパクトな3LDKが中心の全43戸。この地区には分譲が少ないうえに、単身者向けのタイプがほとんどですが、ここはファミリーで住める数少ない麻布物件ということになります。

そして、この中にかなり個性的な間取りがあります。それは、天井高が3.75mでロフト付きの部屋があるということ! 10階から13階までの11室限定ですが、これは相当プレミアム感があります。

リビングにはロフトに上がるハシゴが付いていて、部屋として使える3〜8畳程度の空間(高さ120m)と天井収納があります。吹き抜けになっている部分は天井高が3.75mですから、解放感抜群! ロフト部分はおしゃれな秘密基地のよう。

マンションの一部分のみ2フロアを使ってメゾネットタイプにしているものはありますが、これはそこまでの高さを必要としていないので、コスト面も抑えられています。アパートや一軒家では見かけるロフトタイプですが、分譲マンションではなかなかお目にかかれません。
機能性、デザイン性、どちらも兼ね備えた斬新なアイデアだと思います。

そしてもうひとつ、地下にある1部屋だけのIタイプの部屋も魅力的でした。上部が吹き抜けとなっているふたつの大きなテラスがあるのが特徴。光を取り入れると同時に、思い切りガーデニングを楽しめそうな空間です。

地上へは階段でつながっているのですが、上からはのぞき込めない配置になっているので、完璧なプライベート空間が広がっています。78m2の広々として1LDK+サービスルームで、使い方によってはとても個性的な部屋になりそうです。直接陽が差さない地下室ですから、ファミリー層は敬遠してしまいそうですが、ここで誰にも邪魔されずに生活したいと思う人にはうってつけ。購入にかなり前向きだったのが、プロのカーレーサーと某有名芸能関係者というから納得です。

コスパの満足度 ★ ★ ★ ★ ☆

最後のキャピタルゲイン?

魅力ある価格

※写真はイメージであり、実際のものとは異なります

気になる価格ですが、56平米の3LDKが6000万円台後半。10階以上のロフト付きの56平米は8000万円台です。営業さんいわく、
「周辺価格からみればかなり割安です。すぐ近くの中古より安いですから(笑)。このエリア最後のキャピタルゲインのマンションですね」

説得力のある一言。
安いとは言えないまでも、都心マンション価格の現状を考えれば、魅力ある価格です。実際の購入者は共働きのDINKSや子供が一人というファミリー。それからセレブのセカンドハウスというパターンもあるということでした。
10階〜13階にある96.38平米というロフト付きの5室は19000万円台と、億ションならぬ2億ションですから、この辺りがセレブのセカンドなのでしょうか。

全体の満足度 ★ ★ ★ ★ ☆

出会いに感謝!

羨望を抱くより、羨望の的になる—人生に麻布

※写真はイメージであり、実際のものとは異なります

ひとつだけこのマンションの弱点を挙げるとすれば、それは、南側正面にある高速道路の高架。7、8階あたりから下は、目の前が高架ビューになります。視界をさえぎるうっとうしさと騒音は未知数です。ただ、そもそも都心のど真ん中にあるマンションですから、景観を気にする人は少ないということは言えるかもしれません。
総合的に見れば、かなり魅力的なマンション。売り手側の様々な工夫がみられ、来て良かったと思えるモデルルームでした。

そして、最後に見たパンフレットのキャッチコピーにぐっときました。
「羨望を抱くより、羨望の的になる—人生に麻布」

まだまだ羨望を抱く側になりそうですが、あまりにも遠くにあった麻布という土地が少しだけ近くに見えた今回のモデルルーム体験でした。

【公式】プレシス東麻布|都営大江戸線「赤羽橋」駅徒歩2分 東京メトロ南北線・都営大江戸線「麻布十番」駅徒歩6分 新築分譲マンション
http://www.presis.com/tokyo/higashi-azabu/

連載コラム

特集

もっと見る