第13回 香織

2016年12月13日

パークコート青山ザタワー(1)

パークコート青山ザタワー(1)

※写真はイメージであり、実際のものとは異なります

マンションの個性 ★ ★ ★ ★ ★

建物に直線がない?!

建物に直線がない?!

※写真はイメージであり、実際のものとは異なります

「パークコート青山 ザ タワー」のコンセプトは「FLARE」。フレアスカートの様に揺らめく曲線・・・それをイメージしたデザインは、ジェリービーンズをつぶして2つ重ねた様な、今までのマンションでは見たことのない形です。建築好きな方であれば「内部はどうなっているの?」と、きっと気になる外観だと思います。モデルルームでもらった平面図を見ても建物外側は直線がほとんど見当たりません。世界にも誇れるような、これまでで最高峰のマンションをつくりたいという売主の気持ちがデザインからも伝わってきます。ここはパークコートというブランドのマンションですが、仕様のグレードは三井の最上級ブランドであるパークマンション以上。営業さん曰く、低層、小規模ではないのでパークマンションにはしなかったとのことでした。

モデルルームの魅力 ★ ★ ★ ★ ★

素晴らしいモデルルームにうっとり

素晴らしいモデルルームにうっとり

※写真はイメージであり、実際のものとは異なります

モデルルームを見るまでは、正直曲線ばかりの間取りは無駄な部分が多く、家具も置きづらいし使いにくそう、というマイナスイメージをもっていました。ところがモデルルームに一歩足を踏み入れた途端、それまでの考えは覆されたのです! 2つあるモデルルームはどちらも基本プランからは設計変更していますが、窓際、柱、折り上げ天井、さらにはドアまでもが曲線を描いており、それが素敵なインテリアとも相まって、違和感なくなんとも美しくて居心地が良いのです。
廊下やキッチンの床は高級大判タイル、洗面、浴室は大理石をふんだんに使い、超高級ホテルのようです。浴槽は高級バスタブメーカーの「ジャクソン」、住戸によってはレインシャワーやシャワールームもついています。

間取りの魅力 ★ ★ ★ ★ ★

どこをとっても贅沢!

どこをとっても贅沢!

※写真はイメージであり、実際のものとは異なります

私が一番気に入ったのは、115Aタイプのモデルルームで使われているキッチンのアイランドカウンターでした。オーバル型で側面は黒、カウンタートップがシルバーのバーカウンターのような見た目で、デザイン性のとても高いタイプが標準仕様! キッチン自体も生活感のない、おしゃれなお部屋にマッチしたもので、食洗機やオーブン、コンロ等はドイツ家電のプレミアブランド「ミーレ」が使われています。またプレミアムフロアの玄関ドアは一つひとつ手作りされた重厚なドア。星にも鳥にも見えるようなデザインが彫られた一点もののドアで、他では見たことがありません。
やはりこれは広さがある程度あるからこそできた間取りだとは思いますが、この素晴らしさは是非モデルルームで多くの方に体感してもらいたいと感じました。

共有部の充実度 ★ ★ ★ ★ ★

都心を望むインフィニティプールを独り占め!

都心を望むインフィニティプールを独り占め!

※写真はイメージであり、実際のものとは異なります

専有部も感動とため息の連続でしたが、共用部も負けていません。2階ロビー階のひろ〜いガーデンラウンジの窓の外にはさらに広い芝のガーデン。そこには彫刻家、安田侃さんの大型作品が2つも置かれるそうです。
共有部はマンション最上部である25、26階に集まっており、地平線が見えるプールといわれるインフィニティプール、ジェットバス、フィットネス。そして、お酒も提供されるラウンジ、シアタールーム、パーティールーム、女性専用のエステルーム(エステティシャンやマッサージ師を外部から呼ぶ必要あり)など。新宿の高層ビル群を一望できる絶景プールはなんと、貸切利用もできるそう! う〜ん、なんて贅沢なのでしょう。
共用部は床から天井、窓に至るまで、また置いてある家具の一つひとつにこだわり抜いた逸品揃い。そのデザインは、インテリアデザイン界の巨匠、ブルーノ・モワナー氏が手掛けたと聞いて納得です。

立地 ★ ★ ★ ☆ ☆

都心なのにちょっと寂しい場所!?

都心なのにちょっと寂しい場所!?

※写真はイメージであり、実際のものとは異なります

共有施設も豪華です。最上階にあるインフィニティプール(地平線に溶け込むようなプール)とジェットバス、クラブラウンジ、スクリーンルーム、バレーサービスのあるパーキングなど、富裕層を満足させる施設が揃っています。インテリアデザイン界の巨匠と呼ばれるブルーノ・モワナーなど一流どころを起用した内装デザインやインテリアも見どころ。ガーデンに置かれる彫刻は世界的な彫刻家、安藤侃(あんどうかん)の作品、館内のガラスアートはフランスのアーティスト、エマニュエル・バロワ作。まさに美術館のようです。この品質の高さは、他のマンションではみられないグレードですね。

全体の満足度 ★ ★ ★ ★ ☆

価格もすごい!

価格もすごい!

※写真はイメージであり、実際のものとは異なります

世界で活躍する有名デザイナーにより設計、内装デザインがなされた「パークコート青山ザ タワー」は、東京を代表するマンションとなるのは間違いないですが、やはり価格にも驚きました! モデルルームの一つとなっている115Aタイプは14階以上で、41,000万円〜の予定価格となっています。もう一方のモデルルームである234Aタイプは15億円程だそうです! また、管理費、修繕積立金等月々にかかる費用は1平米当たり約945円とこちらも高額。ただ、マンション価格も管理費についてもむしろ安いのかもしれないと思えるほどマンション自体が素晴らしいと感じました。モデルルームの見学者は30〜50代のカップルやファミリーとあまり偏りはないように感じました。果たしてどんな方々が買われるのでしょうか? 今から完成がとても楽しみです。

東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目」駅徒歩3分、東京メトロ千代田線「乃木坂」駅徒歩7分。2駅4路線利用可能。|港区青山に三井不動産レジデンシャルから全163邸の新築分譲大規模タワーマンション誕生。
http://www.31sumai.com/mfr/X1402/

連載コラム

特集

もっと見る