2015年12月9日

第9回

築40年、お洒落なリノベマンションに待っていたのは!?

  1. 住人は高齢者ばかりで・・・
  2. マンションの管理体制は万全か?
  3. 中古マンションを選ぶときに気を付けること

今回は「築40年、お洒落なリノベマンションに待っていたのは!?」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半  男性   中古マンションを購入

住人は高齢者ばかりで・・・

築40年程の古いマンションでしたが、全部屋リノベーションが施されており、値段以上の価値を感じて購入を決めました。入居して気がついたのは、古いマンションのため住民の平均年齢が高く、自治会などの催しが多く、参加して当たり前のような雰囲気がしんどいこと。またエレベーター無しの物件だったため、若い時は良いが歳とってからのことを考えると憂鬱になります。せめてエレベーター付きの物件を選べば良かったと今になって思います。

マンションの管理体制は万全か?

マンションの住民平均年齢や自治会などの活動が煩わしくないか、ゴミの分別ルールなどが煩雑ではないか、共用ポストは管理がしっかり行き届いているか、色んな場所にちゃんと監視カメラはついているかなど、事前に調べておけばよかったとつくづく感じます。

中古マンションを選ぶときに気を付けること

昨今、流行のリノベーション物件は若い方におすすめだと思います。レトロでお洒落なものが好きな人には特に良いと思いますが、古いマンション=住人層、マンション独自のルールも古いと考えて間違いないと思います。若い方とお年寄りでは価値観の相違があるので、その点を柔軟に対応出来るかどうかが古い中古マンションを選ぶ上で大切な点だと感じています。

失敗したくない!! マンション購入前に気になることは、住まいサーフィンの掲示板『おしえてプレーゴ』でマンション購入の先輩たちに質問してみよう!

連載コラム

特集

もっと見る