2016年03月20日

第82回

高層階南向きのリビングで、窓が開かないのは地獄!

  1. クーラーなしでは熱中症間違いなし!?
  2. 南向きの部屋は通気のためにもベランダがほしい!
  3. エレベーターの配置をチェックすべし!

今回は「高層階南向きのリビングで、窓が開かないのは地獄!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
40代後半  女性   新築マンションを購入

クーラーなしでは熱中症間違いなし!?

東京では、同じ広さの住戸なら賃貸より購入した方が毎月の費用が安く済むので、購入を検討し始めました。高層階の眺望にひかれて購入を決断しました。リビングが一面窓になっていて図面やモデルルームでは素敵!と思いました。でも、いざ住んでみると一面窓で、通気のための小さな開閉口しかなく、窓が開かないという作り。これが失敗でした。
高層マンションの南向きで、夏は日差しをまともに受けます。窓が開かず風も通らないため、リビングにいると、クーラーなしでは熱中症確実な状況です。

南向きの部屋は通気のためにもベランダがほしい!

北向きならば今の間取りでも問題ないですが、南向きなら全室にベランダが付いているなど、部屋と外壁にワンクッションある作りを選ぶべきだったと思います。

エレベーターの配置をチェックすべし!

高層マンションなどでワンフロアの住居数が多い場合は、エレベーターホールに近いと、玄関前で人の往来が多く、騒がしく感じることがあるかもしれません。
マンション内でのエレベーターの配置もチェックすると良いと思います。

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る