2016年03月17日

第79回

エレベーターが狭すぎて、担架が入らない!

  1. エレベーターの広さも要チェック!
  2. 救急時の移動手段を考えろ!
  3. 時間や日取りを変えて、周辺環境を調べるべし!

今回は「エレベーターが狭すぎて、担架が入らない!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半  女性   中古マンションを購入

エレベーターの広さも要チェック!

中古マンションですが、周りの環境は気に入っていました。しかし、ある時エレベーターが小さすぎて、救急車の担架がそのまま入れないのを見て、失敗したと感じました。エレベーターの広さまでは気にしていませんでしたが、おちおち倒れられないマンションだと認識しました。

救急時の移動手段を考えろ!

やはり何かあった時の移動手段として、階段やエレベーターの広さは重要だと思います。2、3階なら倒れても何とか階段で運んでもらえそうですが、救急の場合10階以上になるとエレベーターが使えない場合は時間もかかり、大変では無いかと感じました。

時間や日取りを変えて、周辺環境を調べるべし!

中古物件を購入する場合、周囲の環境や住民については、何度か現地に通ううちに分かると思います。
昼間だけでなく、早朝、夜、天気の悪い日など、時間や日取りを変えて訪問してみることをお勧めします。また、マンションの入り口から自分の部屋までの移動方法をしっかり見学すべきだと思います。

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る