2016年02月28日

第61回

南向きと言われたけれど、日差しがあるのは朝の数時間だけ!

  1. ベランダの広さも日差しに影響する!
  2. 現地で太陽の向きを確認するのも重要!
  3. 建築物の高さによっても日の差し方は変化する!

今回は「南向きと言われたけれど、日差しがあるのは朝の数時間だけ!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
50代  女性   新築マンションを購入

ベランダの広さも日差しに影響する!

新築マンションの南向きとして売り出されていた部屋を購入。図面を見た感じでは確かに東よりの南、という感じだったので、日当たりはいいだろうと思ったのですが、午前中早い時間に日が当たらなくなりました。
最近のマンションでは、夏の日差し対策を重視するためベランダが深くなっているそうで、部屋の中に日がさす時間帯は短いことに気付きませんでした。方角が正しく南を向いているのか、確認をしておけばよかったと感じています。

現地で太陽の向きを確認するのも重要!

もしこれからマンションを購入するとしたら、図面だけでは方角の感覚がつかみにくいので、現場に行って日差しの方向を確かめます。ベランダの深さも考えて、部屋の向きやどれくらい日が当たるのかを確認したいと思います。

建築物の高さによっても日の差し方は変化する!

新築物件の場合は、図面と外観をながめるだけでなく、部屋の中にいるつもりで物件に背を向けて立って見る、時間帯を変えて訪れてみる、といったことも必要だと思います。また高さによって、景観も日差しも変わるので、その点も確認したほうが良いと思います。

失敗したくない!! マンション購入前に気になることは、住まいサーフィンの掲示板『おしえてプレーゴ』でマンション購入の先輩たちに質問してみよう!

連載コラム

特集

もっと見る