2016年02月24日

第57回

リノベーションが終わらないうちに入居したのが大失敗!

  1. 内装不完全のまま入居、価格交渉が難航!
  2. 価格の安さだけに固執して、急ぎすぎるな!
  3. 一にも二にも調査が大事!

今回は「リノベーションが終わらないうちに入居したのが大失敗!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
40代後半  男性   中古マンションを購入

内装不完全のまま入居、価格交渉が難航!

上の子供が中学に入学するのに合わせて子ども達に一部屋づつ与えてやりたいという家内の願いを受けて物件探しを始めました。そして条件にあった中古マンションを購入したのすが…。リノベーションも未だ工務店との値段が折り合わず、この中古マンションは失敗したかなと思っています。内装を完全に終わらせてから入居すべきだったと感じています。また、すでに住んでる人の人間関係が決まっているようで、月一のマンションの周りの掃除も個別に班割を決められており、個人の意見は聞き入れてもらえませんでした。

価格の安さだけに固執して、急ぎすぎるな!

新築と中古では1千万円も違いが出ますので仕方ないのですが、あまりにも値段に固執しすぎて、全体的に急ぎ過ぎた感は否めません。ただ、せめて購入する中古マンションの管理組合の決議事案書は前もって見られたらよかったと思いました。

一にも二にも調査が大事!

中古マンションの場合は、3回以上は物件に通って、いろいろ聞いてみる必要があるかなと考えています。あとは購入金額について家族とよく話し合うことです。一に調査、二に調査、三に家族との話し合いだと思います。

失敗したくない!! マンション購入前に気になることは、住まいサーフィンの掲示板『おしえてプレーゴ』でマンション購入の先輩たちに質問してみよう!

連載コラム

特集

もっと見る