2016年02月22日

第55回

戸数の少ないマンションは管理費が割高になる!

  1. 管理費を安くするなら、100戸以上のマンションを探せ!
  2. 利便性の良い土地は固定資産税が高い!
  3. 小さい子供がいるなら、周辺環境も大切!

今回は「戸数の少ないマンションは管理費が割高になる!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
60代以降  男性   新築マンションを購入

管理費を安くするなら、100戸以上のマンションを探せ!

二人の子供が大きくなり、上の子が高校受験の時期に入り(中学2年)、自分の部屋で静かに勉強させてやりたいと思ったって購入決断しました。ですが、入居者数が30戸ほどの小規模の新築マンションなので、一戸分の管理費(修繕積立金、共有部分の修理費用、管理人代など)が高くなりました。最低100戸ぐらいはないと、一戸あたりの管理費は割高になります。規模が小さいとマンション内の意思はすぐにまとまりますが、割高の管理費を払い続けることを覚悟しなければなりません。また戸数が少ないため、すぐにマンションの理事長や役員の順番がまわってくるのも一苦労です。

利便性の良い土地は固定資産税が高い!

マンションは、市の公共施設や銀行、郵便局、スーパーなどが近くにある生活に便利な所に位置しています。一方で、土地の価格も高く、固定資産税がずっと高いままで推移しています。そういう意味では、固定資産税が年間でいくらになるか、将来その土地は値上がりしそうなのかを調べておくことも大切だと思います。

小さい子供がいるなら、周辺環境も大切!

特に子供が小さい時は、マンションの周囲の公園や自然環境、遊ぶ場所があるかどうかは重要なチェックポイントですね。また小規模マンションの場合、入居する人が永住するつもりなのか、転売するつもりなのか、ある程度事前に情報収集してから自分も判断していくべきだと思います。

失敗したくない!! マンション購入前に気になることは、住まいサーフィンの掲示板『おしえてプレーゴ』でマンション購入の先輩たちに質問してみよう!

連載コラム

特集

もっと見る