2018年07月12日

第387回

在来線より多かった貨物列車の往来!

  1. 営業担当者からは電車の本数しか知らされず、とほほ
  2. 内覧時には窓をあけて音を確認!

今回は「在来線より多かった貨物列車の往来!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
40代後半  女性   新築マンションを購入

営業担当者からは電車の本数しか知らされず、とほほ

会社の住宅手当が終了し、持ち家の方が将来的に有利だと考えました。高層階で見晴らしのよいL字型バルコニーが気に入り、購入を決定。失敗したと思ったのは、マンション横に位置する線路からの騒音です。営業の方からは「この沿線は多くても1時間に7本程度の在来線が通るだけです」と説明を受けたのですが、実際住んでみると、貨物列車の通る回数が多く、窓を開けているとうるさくてテレビが聞こえない程。確かに在来線はそんなに多くは通らないのですが、まさか貨物列車が通るとは思いもよりませんでした。そして、貨物列車は昼夜を問わず通るので、本当にうるさいです。

内覧時には窓をあけて音を確認!

線路近くのマンションは、どれくらい電車が通るのか、きちんと周辺住民に確かめることをおススメします。時刻表だけでなく、貨物列車の往来の頻度もチェックした方が良いでしょう。内覧するときは、必ず窓を開けて、電車の通った時の音も良く聞いてどれくらいうるさいのかをチェックする必要があります。営業の方にも、電車の回数だけでなく、貨物列車の往来する回数もきちんと聞いておいた方が良いですね。夜中の貨物列車の通る音は本当にうるさいですから!

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る