2018年05月22日

第370回

駅近でも、帰りの上り坂がしんどい〜

  1. 平坦な道と高低差がある道は全然違う!
  2. 最寄り駅からは自分の足で歩いて確認を!

今回は「駅近でも、帰りの上り坂がしんどい〜」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半  女性   新築マンションを購入

平坦な道と高低差がある道は全然違う!

マンションを購入した理由は、戸建に比べてメンテナンスが楽な事が一番のポイント。オートロックであればセキュリティーも戸建より安心ですし、段差のない住宅の方が室内の移動も楽だと思いました。今のマンションは、駅に近く、コンビニやスーパー等店舗も近いところが気に入って購入しました。駅に近い新築のマンションの数は限られているので、その中から一番条件に近い物件を選びました。ただ、失敗したのはマンションから最寄り駅までの高低差。家から駅に向かうのは下り坂で良いのですが、駅から家に向かう方向はかなり勾配のきつい上り坂です。駅やお店に近いから楽かと思っていましたが、重い荷物を抱えての上り坂はかなり厳しいもの。家までの道のりは疲れて帰ることが多いので、平坦な道であればよかったのにと幾度思ったことかわかりません。また、駐車スペースについても立体駐車場がほとんで、平置きは抽選。立体駐車場は朝夕の出入りが多い時間は待ち時間が多く、非常に不便です。

最寄り駅からは自分の足で歩いて確認を!

土地勘がない場所でのマンション購入の場合は、実際に現地に足を運び、周りの環境をしっかり確認しておくべきですね。その場所の評判についてもあらかじめ調査しておくとよいと思います。また、実際に最寄りの駅やバス停等からマンションまで歩いてみることをオススメします。『駅から徒歩3分』などと言った広告の謳い文句だけではわからない内容もあるということを痛切に感じています。駅から家までが上り坂の3分と、下り坂の3分ではかなり違ってきます。また、駐車場に関しても駐車台数と住居数が一致している程度の情報では情報が少ないので、実際にどのような駐車条件の場所なのか(平面駐車場または立体駐車場等)はしっかりと確認しておくべきだと思います。

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る