2016年02月4日

第37回

住んで4年で、給湯器にシンク、トイレが壊れた!

  1. リフォーム箇所ゼロの中古を買って、結局総リフォームするはめに・・・
  2. リノベーション済みの中古を狙え!
  3. 中古を買うなら、水道管やコンセントの中までチェックすべし!

今回は「住んで4年で、給湯器にシンク、トイレが壊れた!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半  女性   中古マンションを購入

リフォーム箇所ゼロの中古を買って、結局総リフォームするはめに・・・

どこもリフォームされていない築37年の中古マンションを格安で購入しました。住んで4年立ちましたが、購入時にどこもリフォームされていないので、給湯器が壊れたり、キッチンのシンクに穴があき水漏れしたり、トイレが壊れたりと次々に問題が発生。結局、総リフォームすることになり、お金が思った以上かかってしまい、残念です。これなら最初からリフォームされた物件の方が安かったと思います。

リノベーション済みの中古を狙え!

次にマンションを購入する機会があったとしても、金銭的に余裕がないので、中古マンションを選ぶと思います。でも、やはり築年数がたっていると、家中ガタがきていることが分かったので、水周りを含めて全て総リノベーション済みの物件を選ぶつもりです。

中古を買うなら、水道管やコンセントの中までチェックすべし!

中古マンションは、内装が綺麗でも普段見えないところが傷んでいます。水道管を含む水周りやコンセントの中など、細かいところまでいつリフォームしたのかを確認し、それによって金額交渉することをお勧めします。

失敗したくない!! マンション購入前に気になることは、住まいサーフィンの掲示板『おしえてプレーゴ』でマンション購入の先輩たちに質問してみよう!

連載コラム

特集

もっと見る