2018年02月3日

第334回

古いマンションでは騒音問題が発生しやすい!

  1. ライフスタイルの違いから、生活音がネックに
  2. 購入は売却するか、一生住むのかを考えてから!

今回は「古いマンションでは騒音問題が発生しやすい!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半  女性   中古マンションを購入
その他で失敗・・・

ライフスタイルの違いから、生活音がネックに

景色、日当りの良さが気に入って中古マンションを購入。失敗したと思ったのは、築年数の古いマンションだったので住民には年配の方も多く、想像以上に生活音に気を使わなければならなかった事。私たちの帰宅が遅く、夜にだす生活音が思った以上に響くようで、何度か注意を受けましたが、これは全くの誤算でした。ただこればっかりはどうしようもないので、なるべくご近所にご迷惑をかけないように工夫をしています。

購入は売却するか、一生住むのかを考えてから!

一生住む家なのか、将来的に手放すつもりなのかを考え、もし一生住むとしたらマンションの築年数はよく考慮した方が良いと思います。マンションの積立金がどのくらいあるのかもチェックしたほうがよいでしょう。手放すつもりであれば年数が経過しても売ることができる場所であるかどうか、客観的な物件価値を冷静に判断したほうが良いですね。私たち夫婦は当分二人で住むつもりで現在の家の購入を決めたのですが、それからしばらくして妻が妊娠。これから子供のスペースをどうやって確保していくか、頭を悩ませるところです。将来設計をしっかりたてることも重要だと思いました。

失敗したくない!! マンション購入前に気になることは、住まいサーフィンの掲示板『おしえてプレーゴ』でマンション購入の先輩たちに質問してみよう!

連載コラム

特集

もっと見る