2018年01月22日

第330回

駐車場の利用者が少なく、駐輪場は不足

  1. ディベロッパーの目論見が外れて、失敗!
  2. 普段いる場所以外も入念にチェックを!

今回は「駐車場の利用者が少なく、駐輪場は不足」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
40代後半  女性   新築マンションを購入

ディベロッパーの目論見が外れて、失敗!

家賃を払い続けるのと、同額をローンで払い続けるのとを比較すると、購入したほうが得ではないかと思いました。自分の家というものが欲しかったという気持ちもあります。心配なのは、「駐車場がやたらと広く、駐輪場が少ない」ということが住み始めてから問題になっていることです。駐車場は立体で、利用者の使用料は管理費に組み込まれますが、契約が満車でないためにつねに赤字です。市内で駅から近いこともあり、自転車を利用する住民が大半です。入居時に各部屋2区画の駐輪場を割り当てられていますが、子供と両親が使えば一軒3台以上…という家も少なくありません。学校や大型スーパー、家電量販店なども近くにあって、環境がいいかと思ったのですが、設計時のディベロッパーの目論見の甘さが露見した感じです。自分は車を所有していなかったので、駐車場まで気持ちが回らず、チェックを怠りました。もっと設備全体を確認するべきだったと思っています。

普段いる場所以外も入念にチェックを!

駐車場の広さや管理の仕方、駐輪場の環境などをしっかりチェックするべきですね。マンション購入となると外観や部屋の広さ、またはコーディネイト、インテリアなど自分が普段目にしている環境だけに目が向きやすいのですが、もう少し生活範囲全般を見渡してみる必要があると思います。

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る