2018年01月16日

第328回

売却も考慮して購入するべきだったと後悔

  1. 突然予想外の転勤に、とほほ
  2. 売りやすい規模の部屋や立地がおススメ!

今回は「売却も考慮して購入するべきだったと後悔」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半  女性   新築マンションを購入

突然予想外の転勤に、とほほ

結婚を機に新築マンションを購入。立地と価格が決め手となりました。ところが購入後すぐに主人の転勤が決まり、マンションは人に貸すことになりました。借りてくださる方がいたのはよかったですが、転勤は予想外だったので、売却すると赤字になるかもしれないということを考えていませんでした。多少でも売却する可能性を考えて購入を決めるべきだったと後悔しています。

売りやすい規模の部屋や立地がおススメ!

売却しても値崩れしないような立地のマンションを選ぶべきだと思います。売りやすい規模の部屋やこれから値が上がりそうな土地の情報を集めることも大切。将来の家族構成や周辺環境、売却や賃貸に出すケースも念頭におくといいのではないでしょうか。簡単に売るという考えは要注意。高い買い物なので色々な物件を見て、慎重に検討されることをおススメします。

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る