2017年10月6日

第291回

予算を削るため、壁紙の張り替えをせずに後悔!

  1. 後から、色のくすみが気になって…
  2. 5年、10年先のことを考えてリフォームせよ!

今回は「予算を削るため、壁紙の張り替えをせずに後悔!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半  女性   中古マンションを購入
その他で失敗・・・

後から、色のくすみが気になって…

街並みの雰囲気の良さ、部屋の間取りと広さが気に入って中古マンションを購入。ただ予算ギリギリの物件を購入したため、少しでも出費を抑えようとリフォーム時に一部屋だけ壁紙を張り替えずそのままにしたのが失敗でした。その部屋はわりと状態も良かったので大丈夫だと思っていましたが、いざ子ども部屋として使うとなった時、やはり他の部屋と比べて色がくすんでいるのが気になりました。子どもに申し訳ない気持ちになりました。

5年、10年先のことを考えてリフォームせよ!

中古マンションの場合、今はまだ大丈夫だからといって内装や設備をそのままにしておかないことが大切です。必要になったら変えればいいと思っても、予算や時間がなかったりして結局そのままになってしまうことが多いように思います。もっと先の、5年後10年後のことをイメージしてリフォームをすべきだと思いました。
また、物件をいくつも見ているうちに10万、20万なんて何とも思わなくなってしまうという感覚が恐ろしいと思いました。大きい買い物をするからこそ陥りやすい錯覚だと思いますが、だからこそ気をつけなければなりません。まずは頭金をしっかり用意してローンに頼りきらないこと。我が家はそこから意識してマンション購入を進めました。

失敗したくない!! マンション購入前に気になることは、住まいサーフィンの掲示板『おしえてプレーゴ』でマンション購入の先輩たちに質問してみよう!

連載コラム

特集

もっと見る