2016年01月19日

第29回

バリアフリー化されていないと、将来とんでもない不便が待っている!

  1. エントランスの段差と駐車場がないのが辛い!
  2. スロープの角度は案外重要!
  3. 年月の経過とともに自分の環境も変わる!

今回は「バリアフリー化されていないと、将来とんでもない不便が待っている!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
60代以降  男性   中古マンションを購入

エントランスの段差と駐車場がないのが辛い!

失敗したのは、玄関のエントランスまでに7段の階段があることと、マンションに駐車スペースが無かったことです。購入当時はまだ50歳代で、階段は体力的に何とも感じず、駐車場も近くに有料駐車場を確保して普通に生活していました。しかし、持病が悪化して足が不自由となり、車椅子が欠かせなくなって来た今、7段の階段の昇り降りと駐車場までの移動はとても辛いものになってしまいました。せめてスロープがあれば…と移動のたびに感じてしまいます。

スロープの角度は案外重要!

私の場合は車椅子の利用が欠かせないので、駐車スペースが敷地内に確保されているか、住戸まで自走で車椅子移動が出来るかどうかが重要な要素です。途中に段差があっても緩いスロープがあれば自走で通過出来ますが、急なスロープだと自走での登りは無理で、介助が必要となります。終の棲家として検討する場合は、スロープ有無だけでなく、角度も見たほうがいいといえます。

年月の経過とともに自分の環境も変わる!

私の経験から、マンションを購入する場合、ある程度の年数が経過して居住者の人数が変わったり、老後をむかえたとき、それに対応可能なのかどうかも念頭にいれて選んだらいいのではないかと思います。

失敗したくない!! マンション購入前に気になることは、住まいサーフィンの掲示板『おしえてプレーゴ』でマンション購入の先輩たちに質問してみよう!

連載コラム

特集

もっと見る