2017年10月3日

第288回

契約後すぐに海外転勤、住宅ローン減税がすっ飛ぶ!

  1. 賃貸に出すとすぐに帰国が決定、とほほ
  2. 住民票がないとローン減税は受けられない!

今回は「契約後すぐに海外転勤、住宅ローン減税がすっ飛ぶ!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半  男性   新築マンションを購入
その他で失敗・・・

賃貸に出すとすぐに帰国が決定、とほほ

妻の実家に近い駅に新築マンションが建設されたことがきっかけで、購入を検討しました。ところが契約後、完成する直前になって海外赴任が決まってしまいました。そして、購入時はすでに単身赴任で海外にいたため、住宅ローンの減税効果を得ることができずじまいに。また、家族を連れて赴任した際に、マンションを賃貸に出したのですが、定期賃貸にせずに普通賃貸契約としたところ、急遽帰国が決定。帰国したものの自分の家に入居できないという状態が長く続くことになってしまいました。

住民票がないとローン減税は受けられない!

住宅ローン金利の安い今は絶好のチャンスだと思います。しかし、私のように転勤等がある方の場合は次の点に注意してください。住宅ローン減税は、購入後住民票を移さなければ恩恵を得ることができません。また、海外転勤がある方の場合は住民税・所得税等も考慮し、損をしないように購入のタイミングに気を配ることが必要です。

失敗したくない!! マンション購入前に気になることは、住まいサーフィンの掲示板『おしえてプレーゴ』でマンション購入の先輩たちに質問してみよう!

連載コラム

特集

もっと見る