2017年10月2日

第287回 NEW!

中古マンションの価格交渉に失敗、とほほ

  1. 複数の検討者がいると焦らされて…
  2. 納得のいく条件になるまでじっくり交渉すべし!

今回は「中古マンションの価格交渉に失敗、とほほ」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半  男性   中古マンションを購入

複数の検討者がいると焦らされて…

今後の動きやすさを考えるとマンションがいいと考えていました。設備やセキュリティ面が気に入り、中古マンションを購入することに。人気のある物件で複数の検討者があると言われ、少し焦った形で申込をすることになりました。今考えるともう少し交渉の余地はあったように思います。また、壁やフローリング、水回りのキズなどには目がいきましたが、キッチンの高さを見逃してしまったのが残念です。

納得のいく条件になるまでじっくり交渉すべし!

まわりに惑わされず、じっくり交渉をするべきだと思います。内覧も少なくても2、3回見たほうがいいでしょう。中古マンションは1点ものなので、複数の検討者が入ると仲介業者が焦らせてきますが、自分の納得のいく金額や条件などが決まるまで、じっくり検討した方が良いです。結果買い逃してしまう可能性もありますが、そのタイミングが重要になります。私は交渉が不十分だったことに後悔はありますが、気に入った物件だったので最終的には交渉できなかった分自分の収入を上げるよう頑張ろうと考えることで納得しました。

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る