2017年09月5日

第260回

小さい子供がいると、騒音に気を遣う!

  1. マンション購入のタイミングに失敗!
  2. 周囲の建設計画を知ること!

今回は「小さい子供がいると、騒音に気を遣う!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
40代後半  女性   新築マンションを購入
その他で失敗・・・

マンション購入のタイミングに失敗!

主人が地元に帰って独立することになり、引っ越しをすることに。賃貸物件で家賃を毎月支払うことになるのであれば、購入してローンを支払う方が良いのではないかと思い、市街地中心部に間取りや広さが理想に近いマンションをみつけ、購入しました。失敗したと感じているのは、マンション購入のタイミングです。子どもが小さいときは階下への騒音に気を遣いました。防音対策の敷物も購入しましたが、あまり効果がなく、なるべく家にいる時間を少なくするため、外出したり、一時保育を利用したりして、辛かったです。子どもが小さいときは賃貸物件で、いつでも引っ越しができるような身軽さがある方が気が楽だと思います。
また、今の物件は、売ったり貸したりする時にも好条件のマンションだと購入時には言われましたが、数年の間に周囲にきれいなマンションがどんどん建設され、その分価値は下がっていると思っています。また、子どもはどんどん成長して最後は出ていくことになるかもしれません。その時々に必要な間取りは変化します。先のことも考えて、購入するタイミングを家族でよく相談するべきです。

周囲の建設計画を知ること!

小さい子どもがいる場合は階下の部屋にどのような世帯構成の方が入居するのかを調べることが必要です。騒音に気を遣うようであれば自分が一番下の階に入った方が気が楽だと思います。販売員の言うことは鵜呑みにしないことですね。騒音対策は万全なので大丈夫と言われましたが、後々悩まされました。
また、マンション周囲の建設計画の確認も大切です。実際、真横にマンションが建設されることになり、建設会社との交渉で理事会や説明会も頻繁にあり、大変でした。新しいマンションが建った前後では日当たりもプライバシーの面でも大きく変わりました。そして、自分が一緒に住む家族以外と物件の見学に行かないことです。私の場合は一緒に見て回った義母が気に入ってしまい、話がどんどん進んでしまいました。

失敗したくない!! マンション購入前に気になることは、住まいサーフィンの掲示板『おしえてプレーゴ』でマンション購入の先輩たちに質問してみよう!

連載コラム

特集

もっと見る