2016年01月14日

第24回

価格破壊で手に入れた高級マンション。莫大な固定資産税が!

  1. 高級マンションは、固定資産税が高額!
  2. 維持費が一気に倍になる!
  3. 高級マンションを購入したことは満足、でも維持費でカツカツ

今回は「価格破壊で手に入れた高級マンション。莫大な固定資産税が!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半  女性   新築マンションを購入

高級マンションは、固定資産税が高額!

購入したマンションは、建築当時に高級マンションとして売り出されていました。我が家には到底無理な価格で諦めていたのですが、リーマンショックで価格が大暴落し、1000万近く値が下がったので、ラッキーとばかりに契約しました。
今でも本当に安く買えた点については満足しているのですが、固定資産税や維持費がネックでした!マンションはエントランスや外の植え込みなども広くゆったりとした作りです。マンションにしては一軒一軒の土地の持分が多く、戸建並みの固定資産税ではなかろうかと思うほどの税金です。固定資産税は毎年支払うものなのでばかになりません。事前に確認することをオススメします。

維持費が一気に倍になる!

修繕積立金と管理費については、現在は一般的なマンションより少し高いといった感じでした。ですが、築10年を迎える再来年からは修繕積立金が一気に今の倍になり、かなり痛い出費になります。築年が経てば修繕積立金がどのくらい上がるのかも、知らずに買ってしまったのでした。

高級マンションを購入したことは満足、でも維持費でカツカツ

成功したと思う点はやはり格安な価格で購入できたこと。購入して8年目になりますが、その後に売り出される地域の新築マンション価格を含め「あのマンションの方が良かった」と思ったことがないほどです。その点は本当にラッキーでした。ただ本来はこのマンションを買える層ではないため、他の家庭に比較して維持費に悩むようになりました。最終売り出し価格などで、一気に値が下がったマンションの場合、長期にわたる維持費も考えて慎重に購入を決めたほうが良いと思います。

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る