2017年08月24日

第248回

広いだけのクローゼット、使いづらくて、ガッカリ!

  1. 実際のスペースをイメージできなかったのが敗因
  2. 早めに情報収集し、販売初期に決断すべし!

今回は「広いだけのクローゼット、使いづらくて、ガッカリ!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
40代後半  男性   新築マンションを購入

実際のスペースをイメージできなかったのが敗因

職場に近い新築マンションを購入しました。失敗したと感じているのは、クローゼットが想像より使いにくかったことです。ウォークインクローゼットが、単にスペースが広いだけで効率的な作りではありませんでした。収納スペースは広ければ良いわけではなく、自分たちの荷物が収納しやすいかが大事です。また、居室の1つが想像より使いにくく、しっかりと実寸大の部屋をイメージして検討すれば良かったと思っています。

早めに情報収集し、販売初期に決断すべし!

新築マンションの場合は販売前から必要な情報を収集し、販売初期に、住戸を選べる段階で購入を決めるのがいいと思います。とくに部屋の広さ、クローゼットの大きさや形状については、モデルルームに通って、しっかりイメージできる様にしなければいけません。マンションは青田買いがスタンダードの現状では、使い勝手、大きさ等をどれだけ実際の生活に合わせてイメージできるかで、購入後、後悔するかしないかが決まると思います。イメージと合わない部分があると、疲れたり、家族と喧嘩したりすることになります。最後まで粘り強く、理想に近いマンションを探してください。

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る