2017年08月18日

第242回

気になる下階の生活音と排水口の臭い!

  1. 内覧時に気づけなかったのが残念!
  2. 内覧は時間と曜日を変えて複数回行け!

今回は「気になる下階の生活音と排水口の臭い!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
40代後半  男性   中古マンションを購入

内覧時に気づけなかったのが残念!

北海道に住んでいますが、雪かきが大きな負担に感じるようになり、マンションに住み替えることにしました。内覧の時点ではまったく気付かなかった問題が3つあります。ひとつは、すぐ下の部屋の住人の生活音が思いのほか大きいこと。体格のよい方のようで、彼が部屋の中を歩くだけで、足音が聞こえてきます。また、ベランダで物干しか何かの修理のため、いきなり金づちで天井をたたき出すことがあります。これが始まると1時間は続き、かなり辟易とさせられます。2つ目は、排水口の悪臭。下水の臭気だけでなく、下の階でする料理の臭いも上がってきます。3つ目は、水道水をマンション屋上のタンクにくみ上げるためのポンプの作動音がかなり大きいこと。水の使用量が増える時間帯(朝、昼前、夕方)を中心に、ポンプが動き出す際には「ズガン」「ドカン」というような大きな音がして、最上階にある私の部屋の温水器まで振動が伝わってきます。

内覧は時間と曜日を変えて複数回行け!

中古マンションの場合、内覧はできる限り複数回にわたり行ってください。それぞれ違う時間帯に行うのがお勧めです。騒音や臭気は、曜日や時間帯でかなり変わってきます。私の場合は、これらの点に関してきっちりと見極めておかなかったため、実際に入居してから「これは失敗してしまった」と思うことがいくつもありました。

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る