2017年07月23日

第216回

家族分の駐輪スペースが確保できない!

  1. 契約は早い者勝ち、子供の自転車ラックがない!
  2. 使わなくても初めから家族分契約するしかない?

今回は「家族分の駐輪スペースが確保できない!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半  女性   新築マンションを購入

契約は早い者勝ち、子供の自転車ラックがない!

駐輪場の管理に不満をもっています。契約が早い者勝ちで、入居後に子どもの自転車を購入しようとしてももうラックが空いていないので、買ってやることができません。それなのに、なぜか電気式自転車は優先的に2段式ラックの下段を契約することができ、一部増設した平地にも同じ値段で自転車を置くことができ、大変不公平だと感じています。

使わなくても初めから家族分契約するしかない?

私の反省点は、最初は自転車を持っていなくても、家族全員で必要な分の自転車ラックを契約しておくべきだったということです。いざとなったら何とかなると思っていましたが、甘かったです。月々数百円の支出なので、自転車が必要になりそうな方は、子どもの人数分契約しておいた方がいいと思います。騒音やお隣さんなどは住んでみなければわかりませんが、駐車場や駐輪場などの図面などで事前に確認できるものは、しっかり確認しておくことが大切です。私の購入したマンションは、機械式の駐車場で、契約したものの所有する車の車高が高くて入らなかった方もいます。マンションは自分の意志だけでは対応できないことが多いので、何とかなるだろうという甘い考えは捨てたほうがいいでしょう。

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る