2017年06月28日

第191回

修繕費は当分据え置きだったはずが、1万円の値上げ!

  1. いきなりの値上げにも、反対意見はほぼゼロ!
  2. 維持費が高くても、管理がいいとは限らない!

今回は「修繕費は当分据え置きだったはずが、1万円の値上げ!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
40代後半  女性   中古マンションを購入
金銭的な負担で失敗・・・

いきなりの値上げにも、反対意見はほぼゼロ!

社宅を出ることになったタイミングで中古マンションを購入しました。修繕積立金は購入時は平均的な金額で、上がるとしても時間をかけて徐々に上がっていくだろうと思っていました。それが、入居して2年目に一気に1万円ほど上がることに。そして、そのとき住民からの反対意見はほとんどなく、ほぼ管理会社の言いなりだったことに大変驚きました。購入時、不動産会社の担当者からは「修繕積立金の値上げは当面ありません」と聞かされていただけに、騙された気分になりました。

維持費が高くても、管理がいいとは限らない!

購入前に管理費と修繕積立金の情報を得ることが理想ですが、購入前に全てを把握することは難しいと思います。また、今は良くても、将来どうなるかまではわからないので不安は残りますね。ただ、維持費が高いマンションは避けたほうがいいと思います。私が購入したマンションは維持費が相場よりも高くなりましたが、他のマンションに比べて特に管理状態がいいわけではありません。随分無駄に使われているような気がしますが、管理会社を変えたり、維持費を下げることは難しいので、注意したほうがいいと思います。

失敗したくない!! マンション購入前に気になることは、住まいサーフィンの掲示板『おしえてプレーゴ』でマンション購入の先輩たちに質問してみよう!

連載コラム

特集

もっと見る