2017年06月15日

第178回

小規模マンションは、将来維持費が高額になる!

  1. 大規模マンションに比べ、割高に
  2. 今後は好立地のマンションが有利になる!

今回は「小規模マンションは、将来維持費が高額になる!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
60代以降  男性   新築マンションを購入
金銭的な負担で失敗・・・

大規模マンションに比べ、割高に

子供が大きくなり、それまで住んでいたマンションが手狭になったことから買い替えをすることに。環境や設備には満足し、価格面でも納得していますが、規模が小さく(30戸程度)、管理費や修繕積立金が大規模なマンションに比べて割高なことが不満です。また、マンションの理事の担当も7年に一度はやらなければならない状況になっています。今後のマンションの老朽化を考えると、ますます修繕積立金が高くなることが予想され、安い賃貸マンションの家賃ぐらいの値段になってしまうのではないかと心配です。

今後は好立地のマンションが有利になる!

マンション設備や周辺環境、価格だけでなく、将来発生する管理費や修繕積立金にも注視して情報を集めるべきだと思います。また、マンションの規模も管理費や修繕積立金の金額に反映するので、少なくても50戸以上のマンションの規模を選ぶべきですね。また、人口の減少や家屋の余剰により、今後はより便利な立地にある住居が人気になると予想されます。駅、病院、学校、役所が近く、買い物などに便利な立地にあるマンションが、たとえ価格は高くても、今後はおススメですね。

失敗したくない!! マンション購入前に気になることは、住まいサーフィンの掲示板『おしえてプレーゴ』でマンション購入の先輩たちに質問してみよう!

連載コラム

特集

もっと見る