2017年06月12日

第175回

「元億ション」は、管理組合が厳しい!?

  1. 組合員になると、出張中にも事務処理が発生!
  2. 築年数によっては、維持、管理が高額になることも!

今回は「「元億ション」は、管理組合が厳しい!?」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半  男性   中古マンションを購入
管理・自治で失敗・・・

組合員になると、出張中にも事務処理が発生!

妻の両親が住むマンションに空き部屋があり、購入を検討。マンション自体は築20年と少し古いですが、建設当初はバブル期であったこともあり、部屋によっては億ションであったものが相当な値下がりをしている状況でした。非常に素晴らしいマンションだったこともあり、購入することに。しかし、この「元億ション」というのが失敗でした。先ず、管理組合が非常にしっかりしており、数年に一度回ってくる組合員の仕事が非常に大変で、週末どころか、出張の移動中にもその内容について処理を行うこともあり、非常に負担が増えました。また、部屋のエアコンが各部屋、ビルトイン方式であり、耐久年数が来たことから交換しなければならなかったのですが、通常のエアコンと比べ、非常に高価で余計なコストが掛かりました。今、思えばもう少し手ごろなマンションにすれば良かったと感じています。

築年数によっては、維持、管理が高額になることも!

アドバイスするとすれば、駅からの距離や通勤時間なども大切ですが、中古マンションの場合、まず築年数と発売当初の価格帯を調べるべきだと思います。高級マンションが古くなってお手ごろ価格になった場合、施設は立派でも維持にそれなりにお金が掛かることになります。また、管理組合の作業も通常のマンションより負担になるかもしれません。

失敗したくない!! マンション購入前に気になることは、住まいサーフィンの掲示板『おしえてプレーゴ』でマンション購入の先輩たちに質問してみよう!

連載コラム

特集

もっと見る