2016年05月18日

第141回

地盤を調べずに購入した結果、震災で液状化!

  1. 配管設備が何階にあるのかも調べろ!
  2. 役所で過去どんな土地だったかの記録もチェック!
  3. 上下左右の住人の情報を得るのも大切!

今回は「地盤を調べずに購入した結果、震災で液状化!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半  女性   中古マンションを購入

配管設備が何階にあるのかも調べろ!

一つ目は、マンションを買った地域が失敗だったと思っています。購入して1年後に東日本大震災があり、地盤の弱い地域なため、液状化してしまい、5年経った今でもマンションの価値が下がったままです。もっと地盤の良い地域に購入すればよかったと後悔しています。二つ目は、階数です。住んでいるマンションは14階建てのマンションですが、2階から14階までの配管設備が2階部分に集結していることを知らずに、2階の部屋を購入してしまいました。もし大雨で排水機能がうまくいかなくなると、2階の住戸の排水管から逆流して、家が汚水で汚れてしまうということを知り、失敗だったと思っています。

役所で過去どんな土地だったかの記録もチェック!

購入時に気を付けることは、地盤の良いところかどうかを調べるということです。市役所に行って、昔は川や沼ではなかったかを確認することも必要だと思います。

上下左右の住人の情報を得るのも大切!

もし中古で買う場合は、上下左右に住んでいる人の情報を聞いて購入した方がいいと思います。特に、我が家は小さい子供がいる時の引っ越しで、子供がいるとどうしても足音が下の階に響いてしまうので、下の階にどのような方が住んでいるかを調べてから購入しました。小さな子供がいることもお話しをし、良好な関係を築けています。

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る