2016年05月15日

第138回

隣の空き地に葬儀場が出来て、資産価値がガタ落ちに!

  1. 建物の影になり、日照時間が極端に減った!
  2. 空き地があったら、とことん調査せよ!

今回は「隣の空き地に葬儀場が出来て、資産価値がガタ落ちに!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半  女性   中古マンションを購入

建物の影になり、日照時間が極端に減った!

東側が空き地になっている中古マンションを購入したのですが、そこに将来なにかが建つかもしれないという想像力を欠いていたのは失敗でした。結果、5年後にその空地に3階建ての建物が建ちました。私たちの購入したマンションは、2階から下の部屋に日が当たらなくなってしまい、我が家は3階だったので、ギリギリ日照時間はあるものの、以前にくらべて格段に洗濯物が乾かなくなってしまいました。しかも悪いことに、その東側に建った建物が葬儀場でした。マンションの資産価値が下がったようです。となりの空き地に何か建物が建つだろうと思っていれば、もしかしたら購入しなかったかもしれません。

空き地があったら、とことん調査せよ!

隣に空き地があるようなら、いったいそこは何故空き地なのか、購入業者に訪ねてみる勇気も大切だと思います。必要があれば自分自身で所有者を調べたり、役所で登記簿を調べるなどして可能な限り情報を集めたほうがいいでしょう。もし何かが建築されるとしたら、どんなものが建つ可能性があるのか、素人でも用地の用途と建築条件を調べることができます。大きな買い物になりますので、丁寧に調べてあとあとまで満足できる物件を契約してください!

失敗したくない!! マンション購入前に気になることは、住まいサーフィンの掲示板『おしえてプレーゴ』でマンション購入の先輩たちに質問してみよう!

連載コラム

特集

もっと見る