2016年04月12日

第105回

駅近じゃないと、子供の電車通学が大変!

  1. 安い新築マンションの防音対策は大丈夫?
  2. 中古物件なら実物を見られるという利点がある!
  3. イメージ先行で買うべからず!

今回は「駅近じゃないと、子供の電車通学が大変!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半  女性   新築マンションを購入

安い新築マンションの防音対策は大丈夫?

新婚当時にあまり深く考えず、近くにスーパーと郵便局があったので便利だと思って、購入を決めました。将来子どもが生まれた時、電車で通学することになるかもしれないということは考えませんでした。今ではもっと駅から近いところを買えば良かったと後悔。また、比較的安い新築マンションだったせいか、防音対策がいまいちでした。上の部屋の足音とか、近所のピアノの音が響くので、嫌な思いをしています。

中古物件なら実物を見られるという利点がある!

マンション購入を検討するとき、まず駅からの距離はとても重要だと思います。また、販売員に音について、どれぐらい階下に漏れるのか絶対に確認したいです。コンクリートの厚さなどについてもきちんと調べたいと思います。新築は、どんな人が入るかわかりません。私の場合は、上の階にうるさくて非常識な人が住んでしまったので、とても苦労しました。新築はある意味賭けです。中古であれば実物を見ることができます。今どんな人が住んでいるのか、部屋を見学した時に騒音についても確かめられるので、その意味では安心かもしれません。

イメージ先行で買うべからず!

モデルルームは、家具やカーテン、インテリアなどとてもきれいなものが置いてあり、つい「素敵、こんなところに住みたい!」と思ってしまいます。私も購入当時若かったので、イメージ先行で買ってしまいました。少し冷静になって、自分が持っている多少所帯じみた家具が入っているところをしっかり想像するべきだったと思っています。イメージだけで買ってしまうと、駅までの距離など重要な事に気を配れなくなります。それから、上の部屋からの足音は本当にストレスになりますので、お金に余裕があれば、少し無理をしてでも最上階を買うことをおすすめします。

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る