2016年04月9日

第102回

大手売主を選ばず、室内設備のグレードの低さに泣く!

  1. 相次ぐ施工の不具合に、がっかり!
  2. 売主の企業力や体質を見極めて!

今回は「大手売主を選ばず、室内設備のグレードの低さに泣く!」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
30代前半  女性   新築マンションを購入

相次ぐ施工の不具合に、がっかり!

賃貸でもそこそこの家賃を払うことを考えたら、ローンを組んで自分達の所有にした方が良いと考え、マンションの購入を決めました。
売主が大手企業ではない物件を購入しましたが、内部の設備やフローリングの材質、キッチンやトイレのグレードが低く、分譲なのに高級感が皆無でした。大手企業も検討すべきだったと反省しています。入居後も、新築なのにクローゼットの立て付けが悪かったり、ベランダの水捌けが悪かったりと、不具合が続出していて、そこもまた失敗でした。

売主の企業力や体質を見極めて!

杭打ちデータの改ざん問題が出ていますが、なんだかんだ言っても大手企業は安心だと感じます。全棟立て替えも大手だからできることだと思います。私の購入したマンションでは、不具合があっても施工会社と音信不通になったりして、非常に不快な思いをしています。ですので、金額や立地、間取りばかりに目が行きがちですが、販売会社の企業力や体質(評判)もきちんと調べることをおすすめしたいです。

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る