2015年12月1日

第1回

最上階の住人は音に無頓着!?

  1. ピアノの音からトイレの音まで…
  2. 防音対策をしっかりチェック
  3. 最上階のすぐ下の部屋は避けろ!

今回は「最上階の住人は音に無頓着!?」です。マンションは高い買い物だからこそ失敗したくないと思う方は多いはず。なんとしても失敗は避けたい皆さんに、既に購入を経験した先輩たちの「驚愕の購入失敗談」、「トホホな体験談」をご紹介します。

今回の失敗先輩:
40代後半  女性   新築マンションを購入

ピアノの音からトイレの音まで…

社宅契約で住んでいた部屋を出ることになり、通常の家賃を払うよりはと、思い切ってマンションを購入しました。最初は全く気になりませんでしたが、数年たって上の住人が部屋を売り、新たな家族が引っ越してきたら、子供が走る音やピアノの騒音、そしてトイレの音がすごいことに驚きました。賃貸だったら引っ越せるのにと後悔。最上階の1つ下に住んでいるのですが、最上階の住人は上階の音に悩まされることがないので、どれだけ音が響くかが分からないようです。もっと下の階にすればよかったと後悔しています。

防音対策をしっかりチェック

今からマンションを購入するとしたら、壁や床の防音がしっかりしているかを事前にチェックすると良いと思います。フローリングの質や設計上の音の伝わり方も、マンションのリーフレットを見たり、ネット検索して音対策が万全かを調べますね。管理規約も騒音について、どういう規約になる予定なのかも売買契約の前にしっかり確認したいと思います。

最上階のすぐ下の部屋は避けろ!

マンション購入のアドバイスとしては、中古でも新築でも、近隣の人は変わる可能性があるので、どんな人が住んでも大丈夫なように、音の響き方や聞こえ方などをきちんと確認して購入するといいと思います。また、出来れば上階と同じ間取りの方が生活音の出る場所も同じため、水周りの音や足音などが聞こえてもあまり気にならないと思います。最上階の真下はさけ、最上階より2つ以上下か、思い切って最上階の購入をおすすめします。

失敗したくない!! マンション購入前に気になることは、住まいサーフィンの掲示板『おしえてプレーゴ』でマンション購入の先輩たちに質問してみよう!

連載コラム

特集

もっと見る