第22回 マンション購入に対する意識調査の公表について(2013年07月)

調査時期:2013/07/02~07/08
実施対象者:「住まいサーフィン」の会員
サンプル数:128名
【プレス発表資料】2013年07月26日
スタイルアクト(株)
(旧:アトラクターズ・ラボ)

【要旨】

  • 「購入意欲」は前回より更に上昇、「不動産情報サイト接触」は第2次安倍政権発足後に急増
  • 消費税増税よりインフレ懸念が購入意向を後押ししている

【概要】

不動産マーケティングのスタイルアクト株式会社(東京都千代田区・代表取締役:沖有人、旧:アトラクターズ・ラボ)は、マンション購入検討者の定例意識調査を行ったので公表する。
供給者側の分譲価格・初月契約率・在庫数は公表されているものがあるため、弊社は購入検討者の心理を四半期単位で時系列比較している。(今回で22回目)

自社インターネットサイト「住まいサーフィン」の登録会員に対し、 直近3か月間に新築マンションの販売センターに行った経験がある方のみを対象とし、マンション購入に対するアンケートを実施した。

調査期間と回収数は次のとおり。※(  )内は有効回収数

第22回調査:2013年07月02日~08日(回収:128件)

「1年前と比べた購入意欲」は過去最高水準を更新し、77%が意欲が「増した」と回答した。

「今は買い時だと思うか」の「買い時」合計は64%と前回水準までに達していないが、高水準となった。

「消費税増税前に早めに購入したい」という項目では「そう思う」の合計が4割なのに対し、「不動産価格上昇前に購入したい」という項目の「そう思う」合計は8割強と、消費税増税よりインフレによる不動産価格上昇のほうが購入意欲を後押ししていることが分かる。第2次安倍政権発足前後で「不動産情報サイトへよく接触している」が約15ポイント上昇しており、経済状況を冷静に判断しながら購入意欲を維持している様子が明らかになった。

(問合せ先)
担当:堂坂 03-5537-6333

1年前と比べたマンション購入意欲

購入意欲は過去最高水準となった

図1.「1年前と比べたマンション購入意欲」

不動産情報サイト接触と政権発足時期

安倍内閣発足以降、「不動産情報サイトによくアクセスするようになった」率が約15.5pt増加

図2.「不動産情報サイトへのアクセス頻度増加」

今はマンションは買い時か

買い時DI(買い時 - 買い時ではない)は前回よりも低いが、高水準をキープ

図3.「今はマンションは買い時だと思うか」

購入意向と消費税・インフレ、周囲の購入検討者

消費税増税よりインフレ懸念のほうが、購入意向へ影響している

図4.「購入意向と消費税、インフレ」

回答者の約半数が周囲に購入検討者が「増えた」と回答した

図5.「周囲の購入検討者」

関連する 住まいサーフィンコンテンツ

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る