第2回 管理会社についての評価ランキングの公表について(2010年版)

調査時期:2010年 8/16~8/24
実施対象者:「住まいサーフィン」の会員
サンプル数:757(サンプル数が15件以上の管理会社のみをランキング対象とした)
【プレス発表資料】2010年9月17日
アトラクターズ・ラボ(株)
不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社(東京都千代田区・代表取締役:沖有人)は、
マンション入居者への管理満足度調査を行ったので公表する。
自社が運営する分譲マンション購入者向けサイト「住まいサーフィン」にて、既にマンションを購入し入居している方を対象に、マンションの管理状況に関する満足度調査をネットアンケートにて行った。本調査は2009年から実施しており、今年で2年目となる。
不特定多数の物件の入居者に対して、管理会社の満足度調査を公表するアンケートとしては最大級のものとなる。
実施時期:8/16~8/24
サンプル数:757(サンプル数が15件以上の管理会社のみをランキング対象とした)
管理会社別に顧客満足度を集計し、最も得点が高いのは昨年と同じく野村リビングサポートとなった。
調査は
(1)管理人・管理会社に対する満足度と
(2)知り合いに薦めたいかの大きく2つに分かれ、
(1)はどの項目を重視するかを聞くことで加重配点し、
(2)との合算平均値が高い順でランキングしている。
(1)の5項目のうちの2項目「管理会社のアドバイス」「管理会社のやる気」で、
(2)の推薦度で野村リビングサポートは1位となり、
総合満足度((1)+(2)の平均)で1位となった。
2位以下は、2位住友不動産建物サービス、3位三井不動産住宅サービス、4位大和ライフネクスト(旧コスモスライフ)、5位東急不動産となった。
(1)の重点項目では昨年と同じく、管理計画・積立金を最も重要視(26%)している。また管理会社(9%)よりも管理人(21%)が重視されている。(2)他人への推薦度が高い管理会社は(1)の5項目のうち「管理会社のやる気度」が高い傾向にある。また今回はアンケート回答者の居住マンションの管理費と総合満足度の関係を確認したが、管理費と総合満足度に相関はない。
以上のことから入居者は現状の管理費より将来の計画を重視していること、日々の生活の中では接する機会の多い管理人を重視するが、他者に推薦するのは管理会社の取り組み方を判断基準としていること、実際の管理コストは総合満足度と相関はないことが分かった。
(問合せ先)担当:堂坂 03-3221-2556 ※無断転載は固くお断り致します
管理費削減キャンペーン実施中!
他の物件はこんなに削減している ⇒ 事例はこちら

管理会社の総合評価ランキング

 ※1 サンプル15以上の管理会社で昨年もランキング対象であった企業をランキング化
 ※2 満足度は、Q1~Q5の質問に対する5段階評価に、次ページの項目別評価の優先度を加味し100点満点として計算したもの
 ※3 旧コスモスライフ

コメント

総合評価で「野村リビングサポート」が2年連続1位である

評価項目別ランキング

コメント

「長期修繕計画、修繕積立金」は最も重視されている。「管理人」、「管理費」、「管理 会社のやる気」は同程度の重視度である。野村リビングサポートは5項目中2項目が1位を、2項目が2位を獲得している。 5項目全てが3位以内というのは野村リビングサポートの みで、バランスのよさが評価された格好。

管理会社のやる気度と他者への推薦度の関係

コメント

「他者への推薦度」と「管理会社のやる気」の関係は上図の通りで、 管理会社のやる気が高いほど他者への推薦度が高くなる傾向がある

関連する 住まいサーフィンコンテンツ

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る