内覧会の満足度調査の公表について

調 査 時 期:2008/4/9~2008/4/23
実施対象者:「住まいサーフィン」の会員 新築マンション購入者の内、内覧会経験者
サンプル数:862
【プレス発表資料】2008年 5月23日
スタイルアクト(株)
(旧:アトラクターズ・ラボ)

不動産マーケティングのスタイルアクト株式会社(東京都千代田区・代表取締役:沖有人、旧:アトラクターズ・ラボ)は、マンション購入した際に内覧会に出席したモニターを対象に、満足度調査を行ったので公表する。

自社インターネットサイト「住まいサーフィン」モニターに登録された会員に対し、新築マンションを購入し、その内覧会に行った経験がある方のみを対象として、2008年4月9日~23日にかけ、内覧会に対するアンケートを実施した。(回収:862件)

それによると、内覧会に対する満足度は、「まあ良かった」が半数となっており、「大変良かった」と合わせて2/3ほどが満足している、という結果になった。

内覧会の満足度を決定するのは、「顧客の質問や指摘に対して、明快な回答」「施工の不備に対する対応」という施工不備があったときの応対と、そもそも「事業主検査済みと思われる施工状態」であることが内覧会の満足度を決める重要事項となっている。
また、内覧会に出席した物件の事業主・販売会社・施工会社を推薦したい度合いを点数化し、有効サンプル数が15票以上ある会社に絞って、ランキングした。

■問合せ先 担当:村上 03-5537-6333

内覧会の満足度

図1.「あなたは、今回の内覧会に満足度されましたか?」

図2.「一級建築士などの専門家による内覧会同行を依頼されましたか?」

コメント

内覧会に対する満足度は、「まあ良かった」が半数となっており、「大変良かった」と合わせて約2/3(66%)が満足した、という結果になった。
専門家による同行サービスの利用では、全体の約1/3(31%)が利用しており、非利用者と比較して内覧会の指摘箇所は14件弱増え、所要時間も1時間弱長くなっている。

△pate top

内覧会の満足度を決める項目

表1.各項目についての満足度と内覧会満足度との単相関」


■各事業者への推薦度
満足度計算方法:大変満足100 まあ満足75 どちらでもない50 やや不満25 不満0として計算

コメント

各項目についての満足度評価をしてもらい、それを内覧会満足度とどの程度関係があるのかを、関係が強い順に一覧表にしたのが、表1である。
「顧客の質問や指摘に対して、明快な回答」「施工の不備に対する対応」という施工不備があったときの応対と、そもそも「事業主検査済みと思われる施工状態」であることが内覧会の満足度を決める重要事項である。
「販売会社の推薦度」「事業主の推薦度」「施工会社の推薦度」いずれとも内覧会との相関が比較的高く、内覧会の印象が事業主/販売会社/施工会社の評価につながっていることが伺える。
今回の結果では、同行サービスの実施は、内覧会満足度とほとんど関係なかった。

△pate top

内覧会の顧客満足度への有効なアクション

図3.各項目別満足度×内覧会満足度相関係数 マトリックス比較」

コメント

内覧会の満足度の相関係数と、各項目ごとそれぞれの満足度をマトリックスにまとめてみた。
各項目で満足度が比較的高く、かつ相関度が低いものは、その項目が既に「満足が高くて当たり前」だと捕らえられている可能性が高い。
満足度が低い項目は、改善を図ることにより、満足度改善の余地がある。

△pate top

事業主推薦度ランキング(サンプル数15票以上)

事業主を推薦したいですか?

処理方法

内覧会出席者が、その物件の事業主を推薦したい度合いを点数化し、有効サンプル数が15票以上ある会社に絞って、ランキングした。(強く薦めたい100点、聞かれたら薦めたい75点、どちらともいえない50点、あまり薦めたくない25点、薦めたくない0点)また、内覧会満足度結果を事業主別に集計し、ランキングした。

△pate top

販売会販売会社推薦度ランキング(サンプル数15票以上)社推薦度ランキング(サンプル数15票以上)

ご自身が購入された物件の販売会社を推薦したいですか?

△pate top

施工会社推薦度ランキング(サンプル数15票以上)

ご自身が購入された物件の施工会社を推薦したいですか?

△pate top

人気コンテンツ

連載コラム

特集

もっと見る