玄関に「人感センサー」は必要

またまた,前回に引き続き素人の方がモデルルームで物件の良し悪しを簡単に判断できる所を御説明いたします。

これから申し上げる所はモデルルームタイプ住戸と他のタイプ住戸とは共通仕様でない場合も有りますので販売員に購入検討住戸にも設置されているかを是非チェックしてください。更にオプション設置か標準設置かも販売員に聞いて下さい。

モデルルームにの玄関に入ると自動的に人間を感知して玄関内,土間上の照明を点灯させるマンションが最近増えてきました。

これは玄関内,土間上の照明器具のスイッチに「人感センサー」スイッチを採用しているのです。

この「人感センサー」スイッチはとても優れもので,夜間外出先から帰って玄関扉を開けて1歩中に入ると「センサー」が感知して玄関内,土間上の照明を点灯させます。

更に点灯している時間も調整でき約10秒~約30分まで調整が可能な物まで有ります。

そしてセンサーの検知範囲までも調整できますので,例えば玄関扉を開けて外に人間が立っていても調整で玄関内の照明を点灯できます。

もっと,配慮が行き届いているマンションでは玄関外のポーチやアルコーヴの照明器具のスイッチにもこの「人感センサー」スイッチを採用している物件が有ります。

これは外廊下や内廊下の照明だけですと玄関扉前に立った時に自分の体で玄関扉に影を落とし夜間帰宅時に鍵穴が良く見えずに鍵をうまく差し込めない事に配慮しているのです。

これが無いと昼間,お出かけ時点で夜間の帰宅が予想される場合には玄関のポーチ灯を点灯しておかなければならないので電気代が無駄です。玄関ポーチ灯の電気は住戸内の電源回路を使っているケースが多いので電気代も各戸負担となります。

「人感センサー」スイッチと普通のスイッチとの差額は原価で約4~6千円程度です。

この様な便利な「人感センサー」スイッチを設置せずに僅かな工事費を削減している物件に限って販売事務所・モデルルームに相当なお金をつぎ込んでいます。
「人感センサー」スイッチが設置してある顧客配慮が行き届いている物件を選びましょう。

連載コラム

特集

もっと見る