LL40のフローリングよりLL45のフローリングの方が良い

マンションに使用しているフローリングは主にLL45のフローリングかLL40のフローリングです。

このLL45とかLL40とは何を表示しているのでしょうか…?

LLとは軽量衝撃音遮音等級の事です。この数値が少ない方が遮音性能は高いのです。

これに対してスラブ等にLH50とか書いてある数値があります。これは重量衝撃音遮音等級の事です。この数値もLLと同様に数値が少ない方が遮音性能は高いのです。

LL45等級のフローリングは主に二重床方式の仕上げの床材として使用します。二重床ですと直床に比べて軽量衝撃音は伝わりにくいのでLL45等級のフローリングで日常生活には支障は有りません。

LL40等級のフローリングは直床方式の仕上げの床材として使用します。直床ですと軽量衝撃音は伝わり易いので軽量衝撃音遮音等級の高い(数値は少ない)フローリングを使用するのです。

実際にLL45等級のフローリングとLL40等級のフローリングはどの様に違うかを簡単に御説明致します。

通常,戸建等で使用しているフローリングの裏にゴムやスポンジを貼って軽量衝撃音の遮音性能を高めているのです。

LL45等級のフローリングは上を歩いていると若干へこみを感じますが,LL40等級のフローリングは上を歩くと結構へこみます。

特にLL40等級のフローリングは裏に貼ってあるスポンジ状のものが柔らかいので,フローリングの上を歩いている感覚ではありません。なにか「フワフワ」しています。

軽量衝撃音とは椅子を引きずる音やスプーンを落とした時の音で,重量衝撃音とは子供が飛び跳ねた時等の音です。

フローリングのみではLH(重量衝撃音遮音等級)を高めるのは非常に困難なので,あえてLHは表示していないのです。

連載コラム

特集

もっと見る