マンションのメリットは3つ有る-1

今回はマンションのメリットについてのお話を致しましょう。

マンションと戸建を比較致しますとマンションが戸建に比べて優れている所は3つです。

今回はその内の1番目を説明致します。

マンションは鉄筋コンクリートで出来ているので断熱性が高いので冬場は戸建に比べて暖かいという事です。

冬場に暖房機をONしなくても住戸内の温度は約10度位有るといわれています。

理由は上下左右の住戸が暖房しているのでその熱が伝わり自分の住戸を暖めてくれるからです。

ここで住戸の位置を選ぶ際の注意点を申し上げます。

まず1階(地下階も含む)の住戸は下に住戸が有りませんので床が冷えて寒いのです。それだけ暖房のランニングコストがかかります。

冬場,朝起きてリビング・ダイニングに行きますと2階から上の住戸は底冷えしませんが,1階(地下階も含む)住戸の床はとても寒いのです。

温水床暖房設備が付いていましたら,1階住戸は朝起きる1時間前に床暖房がONする様にタイマーをセットしておきませんと快適な朝を迎えられません。

1階住戸は専用庭が有るので購入したとおっしゃる方がいらっしゃいますが,私は反対致します。

専用庭の草木の手入れは大変ですし,下手をすると上階の洗濯物が落ちてくる危険性もあります。

マンションを購入するなら2階から上が冬場暖かくて良いのです。

2階住戸はそのマンションの中で価格を一番安く設定している例が多いのです。

次回はマンションのメリットの2番目をお話致します。

連載コラム

特集

もっと見る