LDに出入り口の有る洗面脱衣室・浴室は如何なものか…。

今回は洗面室脱衣室・浴室の出入り口の位置に関するお話しを致します。

最近新規分譲されているマンションをチェックしていますと,3LDK住戸で70平方メートル未満が多くその割に価格がかなり高額なのでびっくり致しております。

それらの物件の住戸プランを見ますとリビング・ダイニング( LD )の帖数表示を大きくしたいが為にLDに廊下状のスペースを設置しているケースが多々見受けられます。

この様なLDを我々マンション設計者は「 旗竿型LD 」と呼んでいます。

購入者( 入居者 )にとっては「 旗竿型LD 」は全くメリットが有るとは思えません。

ところが,売主( 事業主 )にとっては,例えばLD部分の帖数表示が約9帖になる場合,10帖未満では顧客の評価が良くないのでLD出入り口への廊下の一部をLDに含め「 旗竿型LD 」にし,その廊下状のスペース部分の面積をプラスして約11.5帖表示にしメリットになります。

私がいつも特に問題にしていますのは,この「 旗竿型LD 」の廊下状の所に「 洗面脱衣室・浴室 」の出入り口が設置されている物件がやたら多くなってきている事です。

ちなみに,上記の様な「 洗面脱衣室・浴室 」は「 リビング・イン洗面所タイプ 」と呼ばれています。

「 リビング・イン洗面所タイプ 」は家族の中にいる女性は嫌がります。小学生の女の子でも7年~10年経てば立派な女性になりますので,LDに男性が居ますと洗面脱衣室・浴室に出入りするのを躊躇致します。

「 リビング・イン洗面所タイプ 」に関して詳しく御知りになりたい方は,3年前のこのコラム380号で『 「 リビング・イン洗面所タイプ 」は見合わせた方が賢明 』と題して書いており,警鐘を鳴らしていますので下記URLをクリックして御覧下さい。

 https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/380

私の独断と偏見で申し上げれば「 リビング・イン洗面所タイプ 」住戸をなんのこだわりも無く設計する設計者や,売っている売主( 事業主 )の感性を疑ってしまいます。

しかし,この処良い傾向で「 リビング・イン洗面所タイプ 」住戸を作らない良心的な売主が出てきました。

その会社は旧財閥系超大手ディベ4社の中の2社とスーパーゼネコン系大手ディベ3社の中の1社です。

上記の3社のディベは王道を歩く様にされていますので,今後分譲するマンションにも期待が持てますし,購入後に資産価値は落ちないと私は予想しています。

但し,この3社もマンション用地持ち込み営業で有名な大手ゼネコンに設計・施工させた物件のみは相変わらず「 リビング・イン洗面所タイプ 」住戸を販売( 供給 )している事は残念です。

この様なマンション用地持ち込みを条件に設計・施工の仕事を請け,感性の欠片も感じられないゼネコンとは距離を開ける方が,売主の評判や体質が良くなるのではないかと思います。

尚,「 旗竿型LD」に関しても詳しく御知りになりたい方は,このコラム379号で『 「 旗竿型LD」に要注意。 』というタイトルで書いていますので,そちらも合わせて御覧下さい。URLは以下です。

 https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/379

これからマンションを購入しようと検討されている御子様のいらっしゃるファミリーの方々,御子様の感性を悪くしない為にも「 リビング・イン洗面所タイプ 」住戸が有る物件は避けた方が賢明だと思います。


次回のコラム515号は5月27日( 第4水曜日 ) に更新致しますのでお楽しみに…。


----------------------------------------------
◇ 碓井建築オフィスによるサービスはこちらから
マンション購入相談/モデルルーム・現地同行チェック/内覧会立会い
http://www.sumai-surfin.com/service/usui-office/index.html

連載コラム

特集

もっと見る