住戸玄関扉に「 CPマーク 」が貼ってありますと防犯性が高い…。

今回は分譲マンションと一戸建を比較した場合の最大のメリットであるセキュリティーの高さに関してのお話しを致します。

現在分譲マンションはエントランスより2重または3重のオートロックや有人管理等のセキュリティー対策でマンションの建物内に不審者が侵入するのは,かなり困難になっております。

処が,空き巣狙いの者がこれらのセキュリティーをくぐり抜けて一旦建物内に侵入致しますと,あとはもう住戸の防犯性の高さで被害を受けるか否かが決まってきます。

さてここで,空き巣狙いの者はどこから住戸に侵入するのかを大雑把に御説明致します。

まず「 外部廊下型マンション 」の場合は,住戸への侵入個所は外部廊下に面した玄関扉と面格子付きの窓なのです。ほとんどの空き巣狙いの者は,この玄関扉の鍵等を壊して侵入するそうです。

尚,面格子を壊して外部廊下に面した窓よりの侵入の被害はあまり無いそうです。この面格子を壊し窓よりの侵入作業は面倒ですし,大きな音が出ますので空き巣狙いの者は避けているそうです。

次に「 屋内廊下型マンション」の場合は,住戸への侵入個所は屋内廊下に面しています玄関扉のみなのです。上記と同様に空き巣狙いの者はこの玄関扉の鍵等を壊して侵入するそうです。

最近の高額なマンションは玄関扉と扉枠にセンサーが設置されており,外出時にセキュリティーシステム設定をオンに致し,不審者が無理やりに玄関扉を開けますとセンサーが感知し管理人室や警備会社に警報が行く様になっております。

それでもなお, 空き巣狙いの者は玄関扉の鍵等を壊して住戸内に侵入するそうです。その理由は警備会社の人が駆けつける前に,金目の物等を盗んで逃亡できてしまうそうなのです。

そこで最近は玄関扉の防犯性の高さが,注目される様になりました。

その防犯性の高さの目安が「 CPマーク 」なのです。

ここで本題の「 CPマーク 」とはなんぞや…のお話しをまた大雑把に申し上げます。

「 CPマーク 」とは平成14年11月に警察庁,国土交通省,経済産業省及び日本ロック工業会をはじめとする建物部品関連の民間団体によって「 防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議 」が設置されました。

そして「 防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議 」に於いて,建物への侵入犯罪の防止を図るための方策を検討し,平成15年10月には防犯性能の高い建物部品の試験基準が決定されたそうです。同年11月より試験が実施されました。

その結果,平成16年4月1日に警察庁より防犯性能の高い建物部品の目録が公表されまして,これらの製品を防犯建物部品と呼び「 CPマーク 」が使用されるようになったそうです。

尚,CPとは「 防犯 」を意味するCrime( 犯罪 ) Prevention( 防止 )の頭文字の事です。

ちなみに,警察庁による侵入犯に対する調査をもとに建物への侵入に5分以上かかると侵入犯の大多数が諦めて他の住戸や住宅を狙うとの調査結果に基づきまして,様々な侵入攻撃に対しても5分間以上防御することができるか実際に試験し,クリアしたものだけに「 CPマーク 」の使用が許可されたそうです。

ですので,セキュリティーに関心の高い方は分譲マンションのモデルルームに行かれた際は,住戸の玄関扉に「 CPマーク 」のシールが貼ってあるか否かを確認する事をお奨め致します。

何度もしつこく申し上げますが,セキュリティーの高さが分譲マンションと一戸建の比較に於いて大きなメリットなのです。

以前,このコラム409号で「 マンションのメリットは5つ有る。 」の中でセキュリティーの大事さを書きましたのでそちらも御覧ください。URLは以下です。クリックして下さい。
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/409


----------------------------------------------
◇ 碓井建築オフィスによるサービスはこちらから
マンション購入相談/モデルルーム・現地同行チェック/内覧会立会い
http://www.sumai-surfin.com/service/usui-office/index.html

連載コラム

特集

もっと見る