「 緊急止水弁付洗濯機用水栓 」の設置は今後必要では…。

今回は最近,新規分譲マンションの「 洗濯機用水栓 」でチョットした気遣いが有りましたので御紹介致します。

そのチョットした気遣いとは今回このコラムのタイトルであります「 緊急止水弁付洗濯機用水栓 」が設置してある事です。

通常のファミリーマンションの「 洗濯機用水栓 」は吐水口の所の形状が単に洗濯機への給水ホースが外れにくくなっているだけです。この形状ですと,万が一,大きな地震等で洗濯機が大きく傾いて洗濯機への給水ホースが洗濯機用水栓から外れますと,水が水栓から出っ放しになり下階住戸への漏水事故になりかねません。

処が,今回御紹介の「 緊急止水弁付洗濯機用水栓 」はその様な事態にならない様な仕組みになっている優れものです。

「 緊急止水弁付洗濯機用水栓 」のメリットを私の独断と偏見で大雑把に簡単に御説明致します。

まず,大きなメリットは万が一,洗濯機の給水ホースが外れても「 洗濯機用水栓 」の吐水が自動で止まり水が出ない様になっている事です。そして当然洗濯機の給水ホースを再び装着する時も簡単に行えます。

次のメリットは「 ウォーターハンマー 」音を出さない工夫がされている事です。

「 ウォーターハンマー 」音を出さない工夫とは,二重床仕様で無い,直床仕様のマンションでは給水管及び給湯管は二重天井の上を通って下方の水栓の所へ配管しております。俗に「 鳥居配管 」と呼んでいます。この「 鳥居配管 」ですと給水管の中にわずかな空気が入り易く,急に給水を止めた時に「 カーン 」と言う大きな音が生じる現象が多々あります。この音を俗に「 ウォーターハンマー 」音と呼び特に全自動洗濯機等は洗濯時に急に給水を止めますので,この「 ウォーターハンマー 」音が出やすいのです。

尚,給水・給湯管の配管が「 鳥居配管 」ではない場合でも,配管のやり方や全自動洗濯機等に依っては「 ウォーターハンマー 」音が出る現象が有ります。

この「 緊急止水弁付洗濯機用水栓 」ではその事の配慮がなされていますので,「 カーン 」と言う「 ウォーターハンマー 」音が出ない様な装置が付いているのです。

この2点が「 緊急止水弁付洗濯機用水栓 」の大きなメリットなのです。

ディメリットは価格が通常の洗濯機用水栓と比べますと高価なのです。

通常の洗濯機用水栓の価格は定価( 上代価格 )で約4千円弱ですが,この「 緊急止水弁付洗濯機用水栓 」は定価で11,200円と3倍弱高価なのです。

しかし,1住戸に1個しか設置しませんので,1住戸当たりの価格差は定価では約8千円程度で現場搬入価格( 下代価格 )では約5千円程度です。

マンションの1住戸の販売価格が何千万円も致し,その価格が僅か1万円弱( 約5千円:原価×1.4倍≒約7千円強:販売価格 )高くなりましても,洗濯機用水栓は「 緊急止水弁付洗濯機用水栓 」を今後採用して欲しいと思います。

それが,購入者( 入居者 )への気遣いだと私は思います。

ちなみにどの様な形かを「 TOTOのカタログ 」で御覧下さい。URLは以下です。
http://www.catalabo.org/iportal/CatalogViewInterfaceStartUpAction.do?method=startUp&mode=PAGE&catalogCategoryId=&catalogId=18582290000&pageGroupId=42&volumeID=CATALABO&designID=link
この「 TOTOのカタログ 」82ページ最上段 ■ 緊急止水弁付洗濯機用水栓「 ピタットくん 」の説明文と絵を見ますと私の稚拙な説明より良くお分かり戴けると思います。そしてマンション業界では83ページの最上段右の「 緊急止水弁付き横水栓 」( TW11GR )を主に「 緊急止水弁付洗濯機用水栓 」として採用されているそうです。

ここで,お断りしておきますが「 TOTO 」と私とは全く利害関係はございません。単に分かり易い説明文と絵でしたので「 TOTOのカタログ 」をこのコラムで紹介させて戴きました。

これから新規分譲マンションをお探しの方々,今回の「 緊急止水弁付洗濯機用水栓 」が設置されているか否かも,売主の良し悪しを見分ける一つの判断材料となるのではないかと思います。

----------------------------------------------
◇ 碓井建築オフィスによるサービスはこちらから
マンション購入相談/モデルルーム・現地同行チェック/内覧会立会い
http://www.sumai-surfin.com/service/usui-office/index.html

連載コラム

特集

もっと見る