キッチンカウンター等の材質「 クォーツ 」とは…。

今回は女性の方々が関心の有る,キッチンに関してのカウンター( 天板,甲板 )の材質のお話を致します。

今までのマンションのキッチンカウンターの材質は4種類有りました。

処が最近キッチンカウンターの材質に「 クォーツ 」という物が1種類増えましたので御説明させて戴きます。

この「 クォーツ 」に関しての御説明は,私の古くからの友人でマンションや戸建で特注のキッチンセットを作っている会社の社長をしている人から聞いた話ですので間違いは無いと思います。

まず,その前に今までの4種類のキッチンカウンターの材質の内容を申し上げますと,人造大理石( アクリル系,ポリエステル系 ), 天然石( 本石:ほんせき,本当の石 ),ステンレス板( 厚さ:0.7ミリと厚さ:1.0ミリ )とメラミンポストフォームです。

まず,キッチンカウンターの材質として一番多く採用されていますのが人造大理石です。人造大理石にはアクリル系とポリエステル系が有ります。アクリル系の物は傷が付いても修正がし易く,価格もメーカーに依っては本石より高価です。人造大理石のポリエステル系は傷の修正はできませんし,見栄えも悪いのであまりお奨めはいたしません。

次にキッチンカウンターの材質として最近高級マンションや高額マンションにかなり採用されていますのが天然石です。キッチンカウンター材として採用されています天然石は大理石か御影石です。

大理石は吸水性が高いので汚れやシミ等が付き易くイマイチです。

御影石は墓石に用いられています様に,吸水性が低く汚れやシミ等が付きにくいのですが,表面に細かい穴が沢山有りますので,台所の臭気を吸収して臭くなってしまうディメリットが有ります。

天然石のキッチンカウンターは表面が硬いので,高級な食器やグラスを無造作にポンと置くと食器等が割れてしまう事がよくあります。このキッチンカウンターの材質に天然石を採用している事に関してはこのコラム106号「 流し台の天板に本石は要注意。 」に詳しく御説明致しておりますので御覧下さい。URLは下記です。

https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/106

その次にキッチンカウンターの材質として採用されていますのが,ステンレス板で厚さが0.7ミリか1.0ミリです。ステンレス板厚さ1.0ミリをキッチンカウンター材に採用されていますのは余程の超高級マンションでしか見かけません。キッチンカウンター材としてステンレス板を採用しているマンションの99.99%がステンレス板厚さ0.7ミリを採用し,克つ賃貸向けの投資用マンションに多いのです。

そして,メラミンポストフォームです。これをキッチンカウンターの材質に採用されましたのは約35年前頃です。しかし,10年以上前頃より最近はほとんど見かけなくなりました。

さて,本題の新しいキッチンカウンターの材質になりました「 クォーツ 」に関しての御説明を致します。

「 クォーツ 」という名称は一般名でメーカー各社がそれぞれ異なる名称を付けています。

「 クォーツ 」というキッチンカウンターとは材質がクォーツ( 石英,水晶 )という天然石を細かく砕きそれをポリエステル樹脂と混合し,高圧プレスで成型されたものです。一見,天然石の様ですが吸水率がかなり低く,汚れや臭いが付きにくいのでメンテナンスが容易だそうです。

そして,メーカーに依っては表面の固さが人造大理石と同じ位なので,食器等をポンと置いても,天然石の様に食器が割れる事はないそうです。そして最近は御影石等も砕いてポリエステル樹脂と混合し,成型している「 クォーツ 」も出てきているそうです。

「 クォーツ 」は簡単に申し上げれば,石目模様の良さを取り入れ,表面の固さを本石よりは和らげた,高級感の有る使い易いキッチンカウンターの材質だそうです。

ディメリットは「 クォーツ 」の価格が天然石より約10%位高いそうです。

しかし,マンション等の工事現場に「 クォーツ 」を設置工事をする職人さんは石材加工屋さんでなくて良いので,人件費が安くなるので天然石のキッチンカウンター設置とトータルではほぼ同じだそうです。

これから,どんどんアチコチの物件で大量に採用されれば,価格は徐々に下がるのではないかと友人( 特注キッチンメーカーの社長 )は言っていました。

尚,一見天然石のキッチンカウンターと見間違えるのですが,素人の方でも見分ける箇所が有るそうです。

それは,天然石のキッチンカウンターとの大きな違いは「 クォーツ 」は長さが約3メートル強まで工場で作れるので,キッチンカウンターに材質同士の継ぎ目が無い事だそうです。
ちなみに天然石のカウンターは長さ約1.8メートルごとに継ぎ目が有るそうです。

新規分譲の高級マンションのモデルルームで確かめて見るのも良いですね…。


----------------------------------------------
◇ 碓井建築オフィスによるサービスはこちらから
マンション購入相談/モデルルーム・現地同行チェック/内覧会立会い
http://www.sumai-surfin.com/service/usui-office/index.html

連載コラム

特集

もっと見る