Y字型のタワーマンション,外観は美しいが…。

久々にY字型のタワーマンションが新規分譲されましたので今回はY字型マンションに関してのお話を致します。

まず,Y字型マンションとはどの様なマンションなのかを御説明を致します。

Y字型マンションとは,建物を上から見た形がYの字の形をしているマンションの事です。
あるディベロッパーは「 トライスター型 」マンションと呼んでいます。

Y字型マンションは1955年に設立された「 日本住宅公団 」( 現在の独立行政法人都市再生機構でUR都市機構と呼ばれている )が1955年~1960年代に公団住宅のアチコチの団地の中にかなり建設されました。佇まいの形は良く,地震の揺れにも強いそうですが,住まいとしての居住性はイマイチなのでY字型配棟の住棟の建設を控えた経緯が有ると聞いております。

現在の設計者はその様な経緯を知らず,ただ外観が美しく,若干耐震性が良いとの事でY字型のタワーマンションを設計していますが,住戸の居住性の良さへの配慮は不足していると感じられます。

私は外観がどんなに美しくとも,住戸の居住性がイマイチなマンションは設計者の自己満足を満たすもので主客転倒だと思っています。マンションの設計はまず住戸の居住性を良くする事が大切だと思っております。

では,ここでY字型マンションの問題点を具体的に御説明致します。

Y字型マンションとは3つの住棟がY字型につながっておりまして,それぞれの棟が120度の開度で見合っているのが第一の問題点です。特に夜間は住戸内が明るいのでカーテンを閉めませんと開度120度で向かい合っている棟の住戸同士の内部が丸見えなのです。

第二の問題点はY字型マンションの向きは,通常Yの字の下の縦線の住棟を南方向に突き出して配置致します。そしてYの字の上のV字の線の部分を南東向きの住棟と南西向き住棟に致します。何が問題かと申しますと,南方向に突き出た住棟が午前中は南西向きの住棟に日影の影響をかなり及ぼし,午後は南東向きの住棟に日影の影響をかなり及ぼす事です。

ですので,Y字型マンションの南東向き住棟や南西向き住棟の低層階及び中層階の一部の住戸は冬至の頃には,住戸への日照はあまり期待できません。

この第一の問題点と第二の問題点に気付き,当時の「 日本住宅公団 」はY字型住棟の建設を控えたそうです。その結果,公団の団地の住棟配置が南向き住棟だらけになり,ランドスケープデザインが良くなくなったそうです。私が大昔( 約50年位前頃 )に親戚が「 日本住宅公団 」に在籍しておりまして,幼い頃に話してくれた事ですが,未だに耳に残っています。

このコラムを御読み戴いている方の中でY字型のタワーマンション購入を予定されている方に御進言致します。住戸を選ぶ際はY字型3棟それぞれの住棟の低層階や中層階はパスしまして上層階の端部及び端部近辺の住戸を選びますと,上記の問題点がだいぶ解消されると思いますのでお奨めだと思います。但し,南方向に突き出た住棟の住戸には他の棟の日影の影響はありませんが,開度120度で向かい合っている各棟住戸同士の内部が丸見えな事は同じです。

再度申し上げますと,Y字型のタワーマンションは外観が美しく形状に特徴が有りますから,その地域のランドマークとなり得ますので目立って評判が良いらしいのです。処が,Y字型3棟の各住棟は中廊下形式で共用廊下の両側に住戸を配置しています。その結果,ほとんどの住戸は一面しか外部に面しておりませんので住戸への日照も期待できません。見合いの件と日照の件で居住性はイマイチなのです。

ちなみにY字型タワーマンション購入予定をされている方は東京の千代田区紀尾井町に建っている「 ホテルニューオオタニ 」が旧館,新館共,Y字型配棟ですので,試しに低層階に宿泊し,実体験するのも良いのではないでしょうか…。

----------------------------------------------
◇ 碓井建築オフィスによるサービスはこちらから
マンション購入相談/モデルルーム・現地同行チェック/内覧会立会い
http://www.sumai-surfin.com/service/usui-office/index.html

連載コラム

特集

もっと見る